ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2014年08月

こんにちは、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。

今日はFilosofiさんの、“Alice in Wonderland”の続き。
(Filosofiさんの図案販売のショップはこちら→



おかしな鳥、ドードーのステッチをしました。

近くの図書館で、「ふしぎの国のアリス」(ルイス・キャロル著・北村太郎訳 集英社文庫 1992年)を借りました。
アリスといったらこの絵!と思っていた挿絵のある本です。
少しずつ読みたいと思います。




スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。

先日からステッチしていた、上の5歳の娘・ベビ太のイチゴのケーキのクロスステッチが完成しました!



そこで、キットに入っていたくるみボタンでヘアゴムを作りました。

このくるみボタン、以前書いたような、器具といったらいいのか、道具を使わずに指で軽く押し込むだけで作れるすぐれものでした♪

写真を撮る間もなくできてしまったのですが、まず、クロスステッチした布を、キットの型紙に沿って丸くカット。
そして端から5mm程度のところをぐし縫い。

くるみボタンの表側を布の裏側に置いて、ぎゅっと糸を引き絞って糸止めをします。
くるみボタンには穴が開いていて、もう片方の突起部分をぎゅっと、というよりすっと押し込むともうできあがりです。
ベビ太も、「あれっ、もうできたねー」と言って喜んでいました。

道具を使うときと違い、ぐし縫いの手間がありますが、小さなものなので簡単。
ボタンも中心の位置が合っているか確認しながら作れるので、きれいにできてよかったです。

ベビ太は、布のしるしつけ、カット、ぐし縫い、ボタン作り全部をやって、とても満足そうでした。

最後にゴムを通して結び、できあがり!



立体になると、またクロスステッチがかわいく見えますね^^
なんだか私も作りたくなってきたので、似たようなタイプのくるみボタンを使って、作ってみようかな。






次なるベビ太の作品は、こちらの本から…。



「わたしのお気に入り かんたん、手づくりシュシュ」。

先日ちらっと書きましたが、菊池しほさんとkomihinataさんこと杉野未央子さん、Sachiyo*Fukaoさんの共著の本です。

この本は、載っているシュシュがかわいくて素敵なのはもちろんのこと、本のあちこちにある、「Advice!」という小さなコラムがとても勉強になるのがいいんですよ。
シュシュだけのことではなく、布小物づくり全般に役立つようなアドバイスがいっぱいです。

シュシュもいろんな種類があり、縫わなくても作れるシュシュがあったので、ベビ太に「こんなの、作ってみる?」と聞いたところ、乗り気だったので、次はシュシュを作ります。

お楽しみに~!


そして、私のクロスステッチのくるみボタンはどうするかと言いますと…。
それはまたいずれ書きますね。


☆本☆

Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お越しいただきまして、ありがとうございます。

今日はFilosofiさんの、“Alice in Wonderland”の続き。
(Filosofiさんの図案販売のショップはこちら→



黄色い花のステッチをしました。
この足がだれのものなのかはまた次回になりそう。
またいらしてくださいね。



スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

マスクポーチに続いて、ラミネート生地を使い、ポーチを作りました。



生地:デコレクションズ CLOUD - rain  やわらかタッチのラミネート生地(かなり薄めタイプ)



白地に水色の雨が降っているようなデザインの、やわらかいラミネート生地です。

水=カバ、というイメージが浮かび、手持ちのW-Note*のタグの中から、カバ(だと思われる)タグを選んで縫いつけました。



ファスナーも雨色に合わせて水色のファスナー。
引き手はまるで透明な水滴のようなクリスタル。
ファスナーの開閉がしやすいよう、水色のギンガムチェックのリボンを両側につけました。
この両側のリボンが、ちょっと傾いていますが…。

反対側にはリップクリームなど、すぐに取り出したいものを入れられるように、ポケットもつけました。



マチが8cmもあるので、たっぷり入りそう。
幅はファスナーに合わせて20cmほど、高さは11cmくらいの大きさの、さわやかなポーチです♪










☆生地☆

Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

デコレクションズというお店のやわらかなラミネート生地を使って、マスクポーチを作りました。



パターン:RickRack マスクポーチ
生地:デコレクションズ WILDFLOWER -flowerbed やわらかタッチのラミネート生地(かなり薄めタイプ)



新しいマスクを中に、外側のポケットに外したマスクをさっと入れておけるポーチです。



ゆったりしているので、通帳や手帳を入れたり、筆記用具を入れたりして使うこともできそうです。

ラミネート生地を使ったので、縫い代の始末も不要で、簡単に作れました。
使ったラミネート生地はとてもやわらかで、ミシンの押さえを変えなくても問題ありませんでしたよ。
また、ファスナーつけのときにはファスナー押さえが便利でした。



この生地、黄色がとても印象的で、素敵ですよね。
ファスナーもそれに合わせて黄色いものにしてみました。
引き手もゴールドで色合いを合わせて。


マスクを使うときは、体調がすぐれないときだと思いますが、このポーチで少しでも気持ちが明るくなるといいなあと思います。





☆生地☆

Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ