ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2014年08月

こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。

昨日できあがった、スミレの花をからませた“M”の刺繍は、ピンクッションに仕立てました。



刺繍の上品でロマンティックな雰囲気を引き立てるように、脇にぐし縫いをしてギャザーを寄せたオフホワイトのレースをほんの少し挟んでいます。

反対側には、刺繍のすっきりとした甘さに合わせて、優しいモカ色のストライプのコットンを合わせました。




大きさは8cm×8cmほど。
表も裏もない、どちら側も大好きなピンクッションができました♪






☆本☆

こんにちは、megosuriです。
お読みくださって、ありがとうございます。

先日、新刊のこの本を手に入れました。



「クロスステッチ図案帖」。
書店で見かけて、ちょっと立ち読みしたところ、表紙を開けたところや中に、好きな感じの花文字の刺繍が載っていたため、購入。
帰宅してからもう一度じっくりと見ていたところ、私の好きなFilosofiさんの作品だということがわかりました^^

今日はその花文字の中から、「M」のステッチ。



文字本体は、シルバーの糸で、これがとてもきれいなんですよ。
灰色でもなくネズミ色でもなく、グレーでもない、“シルバー”という言い方が合っている感じ。
それに濃い紫と薄い紫がとても上品できれいでぴったり。
優しい淡い全体を、ほんの少しの、これまたきれいな色のグリーンで引き締めて。

とても素敵な図案です。

時計を見てから始めなかったので、はっきりとはわかりませんが、2時間半から3時間ほどでできましたよ。
あっという間でした。

布は、手元にあったsajourの32カウントのリネンを使いました。
ぱりっとしているので、枠をしなくても大丈夫でした。


これ、何にしようかな♪





☆本☆

こんにちは、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。

先日、大好きなネットショップ、slowworksで、久しぶりに買い物をしました。

買い物の目的はこれでした↓





「Bahar(バハール) クロスステッチの針山キット Box入り-グリーン×オレンジ」。
これは他にブルー×レッドもあるのですが、迷った挙げ句、グリーン×オレンジを選びました。

テキストや図案、読み物の書いてある小冊子に、針山2個分の材料と、おまけのチロリアンテープが入っているキット。

箱入りで、この箱がまたとてもしっかりとしたかわいい箱なのです。





開閉は見えないようにつけてあるマグネットで、このまま何か楽しいものを入れて使いたいと思います。

あ、もちろん、針山も作りますよ~^^


針山が目的だったのですが、たまたま見つけて一目惚れした真っ赤なドットがかわいいリボンも購入しました。



イギリスのものらしいのですが、リボン自体もかわいいですし、リボンの巻いてある木軸や、タグ、タグをとめてあるひもに至るまですべてがかわいらしくて、買ってよかったです。
かわいすぎて使えませんが、見ているだけでもうきうきうれしくなります。






☆slowworks☆



Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

生成と青緑色の11号帆布を使って、ベーシックなトートバッグを作りました。



パターン:「家庭用ミシンで作る帆布のバッグ」より『ベーシックトートバッグS』


本では、生成部分に10号帆布を、底布と持ち手部分に11号帆布を用いていますが、手元にあるのは11号帆布だけなのと、まだ帆布には慣れていないので、薄手でと思い、どちらも11号帆布を使いました。

作り方は、印つけなどの基本的なところから解説されていて、とてもわかりやすかったです。



また、家庭用ミシンで縫いやすいよう、生地の耳を活用したり(この生成の帆布の耳は、フリンジっぽくなっていますので、ちょっと装飾的な袋口になりました)とさまざまな工夫が感じられるレシピでした。

きれいに仕上げるにはもっと練習が必要ですが…。
特に、持ち手は生成と青緑色を合わせ、さらにバッグにそのまま縫いつけるというやり方で、私にはかなり難しかったです。

脇や底の縫い代は、綾織テープでくるんで処理しました。
かなり厚みがあるので、ガタガタになってしまいました。



帆布ですので、ぐにゃぐにゃせず、自立して、持ちやすいバッグになりました。








☆本☆

Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

「家庭用ミシンで作る 帆布のバッグ」という本を見ながら、ベーシックな帆布のトートバッグを作ります。



まずは裁断。



組み合わせる布に迷いましたが、ベースには生成の無地の布、底と持ち手には青緑色に白い大きなドットの描かれた布を使うことにしました。

帆布のバッグは大好きなので、うまくできるといいなと思っています。




☆本☆

Clip to Evernote

↑このページのトップヘ