ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2014年06月

こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。

我が家はとても狭く、したがってキッチンもとても狭いのですが、そんな中での困りものが、「レジ袋」と「空になったペットボトル」のストックです。

ゴミ箱には45Lの袋を使っているのでそれほど収納には困らないのですが、問題は小さなレジ袋のストック。
生ゴミ入れにしたり、保育園でおむつやぬれたものを入れるのに必要なこともあるので、少しはストックしておかなければなりません。

また、瓶や缶の回収時に便利なように、紙おむつの入っていた袋も、裏返して白い方を出しておいて使うんですね。持ち手もついているので、回収に持っていくときにとても便利なんですよ。

袋は自立しませんし、ガサガサしていて、たくさんあるので、やっかいでした。

そして空になったペットボトル。
これはシンクとガスの間の貴重なスペース(作業台になりますよね)にあると、ちょっと手が触れただけでぽこぽことひっくり返り、これまたやっかいなことこの上ないのです。

少し前にふと思いついて、使っていなかった大小のリネンの巾着に入れて、棚のフックにぶら下げるようにしたら、劇的に(んな大げさな…)使いやすくなりました。



ところが、巾着は、フックから外し、“口を広げる”ふた手間があります。
また、中に入れたものが重くなったからか、ひもが一本取れてしまったこともあり、今日は、このリネン巾着を、手提げタイプにリメイクすることにしました。

まずはひもを取り外します。



そして、綿のテープの端を三つ折りにし、赤い糸で手縫いで縫い付けました。



リネン=フランス=赤、の私なりの法則です。
手縫いで下手かわいい風にしてみました(ただ下手なのでは?の声あり!)。

さらにちょっとしたアクセント。
大きい方には紺色の英文のフロッキーを、小さい方には、エッフェル塔とParisのかわいいキラキラとしたワッペンをアイロンでつけてみました。





英文はよく読むと、「一期一会」的なことが書かれているようです。
確かに!レジ袋入れにぴったりです^^

キラキラワッペンは、洗濯が頻繁なものだと、はがれてきてしまいそうですが、これはそう洗濯することもないでしょうから、ちょうどいいな、と思って使いました。
フランスの法則にもぴったりです。



持ち手が一本ですので、中に何も入っていないとぐにゃっとしていますが、すぐに中身がパンパンになりますので、そう気にしなくてもいいでしょう。

リメイクというほどでもありませんが、気になっていたことが解決してすっきりしました^^

あまり美しい絵でもありませんが、かけたところ↓



こんなふうにして使っています。



Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
お立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。

今日もオレンジのステッチの続き。

輪切りのオレンジの右側の葉っぱをひとしきりステッチした後、右にあるオレンジのステッチを始めました。



3種類のオレンジ色の糸でステッチしていきます。




今日、というより昨日は、仕事休みの土曜日なのに、朝からフル稼働でした。
前日の金曜日には仕事帰りに皮膚科へ行き、そして土曜日の朝は内科へまず受付に行き、いったん戻ってからまた出かけていき受診。
これは咳がひどかったため。

その後、やはり咳がひどいベビ次郎を小児科へ連れて行きました。

ひとしきり病院関係が終わったところで、招待券をもらったアンパンマン展へ家族みんなで出かけました。
私たち夫婦は、ひどい出不精なので、休日に電車に乗ってまで出かけるというのはまれなんですよ。

さて、きっと混んでいるに違いない、と思っていたアンパンマン展、もちろん人出はあったのですが、見にくいということは全くなく、戻って見たり、ということも気楽にできるくらいの状態で、よかったです。

そしてなにより、展示の中身が非常に充実していて、大人だけで行っても楽しめるほどで、私ももっとじっくり見たかったです。

こどもはちょっと見ると「早く行こう〜(ミュージアムショップへ!)」となりますからね。

アンパンマンのアクリル絵画、絵本原画を中心に、やなせさんがこれまでに描かれたさまざまな作品の原画や、詩、編集された雑誌などの紹介がされていました。

出口のそばに、なんといったか、ビニール焼き?だったか、ステンレスの板のようなものの上に、黒でアンパンマンの絵が描いてあり、中を塗って、10分ほど焼いてはがす、工作をやっていました。

焼くのを待つ10分ほどの間に、出口の外にあるミュージアムショップを見られるという、なかなか優れたシステムになっています;

この工作に、ベビ太が挑戦しました。
こんなふうに、色をのせていきます。
ステンレスが見えないよう、きれいにのせないと、焼いてからはがす際に破れるとのことで、しっかりと色をのせていきます。



容器を押しながら出すので、手が少し疲れるのか、ベビ太、たびたび私に「後やって」と。
見本はあるのですが、好きな色でどうぞ〜と言われたので、張り切ったベビ太、独創的な色使いで仕上げました。

後でわかったのですが、これは裏側から色をのせていて、はみ出した部分もあったのですが、表から見ると、きれいに仕上がっていました。

裏側はこんなふう↓



そして表から↓



ベビ太の好きなピンク色を多用したアンパンマンです^^

今日のおみやげ↓



ミュージアムショップで、ベビ太が即買ってと言ったものは、メロンパンナちゃんの小さなぬいぐるみでした。
メロンパンナちゃんが好きとは知りませんでした。
メロンパンはそれほど好きでもないのですがね。

アンパンマン展を見た後、レストランで昼食を食べて、帰宅しました。
非常に疲れましたが、行ってよかったです。

やなせたかしさんは本当に偉大な方ですね。
ご冥福をお祈りします。

こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。

今日もオレンジのクロスステッチキットの続き。
輪切りのオレンジのステッチができました。



…と思ったら、最後の方で、間違った色でステッチしていたことが判明しました。
オレンジ色の糸は3種類あって、濃いオレンジ、オレンジ、淡いオレンジ、があるのですが、皮のほとんどの部分を「オレンジ」でステッチすべきところを、「淡いオレンジ」でステッチしてしまっていたのです。

そのため、なんだか陰影のないオレンジができあがってしまいました…。

これ、やり直した方がいいのかな…。
全体のバランスを見て考えます。








アガパンサスが咲いているのを見つけました。



私はこの、薄紫色の花とすっくとのびた茎がとても好きです。
大好きなのに、咲いているのを見かけると、毎年のように、「あれっ、この時期に咲くんだったっけ」と思ってしまう花です。

以前住んでいたところでは、ご近所でこの花を庭に植えているところがあって、やはり毎年そのように思ったものです。

こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。

今日も昨日始めた、オレンジのクロスステッチの続き。

花と輪切りになったオレンジの輪郭部分をステッチしました。



オレンジがカフェオレボウルのように見えますね。
オレンジの刺繍糸がきれいで、ステッチしていて楽しいです。


こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

ここのところ家族全体が体調不良。
私も、皮膚の不調が落ち着いたと思ったら、のどの風邪を引いてしまい(誰からうつされたんだ~!!)、さらにまた皮膚が不調になってきました。

どうも仕事復帰して、私自身が保育園に通い始めの子供のような状態で、次々と病気になるような気がしています。
困ったものです。

さて、体の不調にはビタミン!
ということで、最近みかんが気になるので、今日はオレンジのクロスステッチを始めました。

COSMOのクロスステッチのキット、「JUICY FRUIT COLLECTION ORANGE」です。






今日はオレンジの白い花の部分を少しだけ。
蜜柑の花は、とてもいい香りがすると聞いたことがありますが、オレンジの花もそうなのでしょうか。


↑このページのトップヘ