ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2014年05月

こんにちは、megosuriです。
お読みいただき、ありがとうございます。

今日は、ラベンダーカラーのデコレクションズの生地を使って、サシェを作りました。
参考にしたのは、「水玉がすき」。



針がさびにくいシリコン入りの綿に、ドライのラベンダーを混ぜて詰めました。
ピンクッションとしても、枕元に置いてほっとするサシェとしてもお使いいただけると思います。

右下にmegosuriをあらわす「me.」のスタンプを押して。



左側は生地のつなぎ目と、フックのところに細くて白いレースを使いました。
右は生地のつなぎ目には生成りのレースを、フックのところには、濃い紫色のレースを使っています。



右の方はフックの位置が偏りすぎていて、ガタガタしすぎているので自分用に、左側をプレゼント企画にと思っています^^

眠くなるといけませんので、車の中などには置かないようになさってくださいね。






☆本☆


Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お立ち寄りくださって、ありがとうございます。

今日は先日行ったカントリーキルトマーケットで、4歳の娘・ベビ太に頼まれて買ったボタンで、アクセサリーを作った話。

まずはボタンのご紹介。

ソフトクリームのボタンのセット↓



ピンクと黒の、リボンやひつじ、花、めがね、ローラースケートなどの形をしたボタンのセット↓



これらのボタンを使ってネックレスを。
といっても、ピンク色の毛糸をボタンの裏側にある穴に通しただけ。



ひとつひとつのボタンの間に結び目を作ったりしてみましたが、首にかけると、ボタンがあちらこちらを向いてしまい…アクセサリー作りにも勉強が必須だなと痛感しました。

そしてこちらはカントリーキルトマーケットで買ったものではなく、以前近くの手芸店で買ってあったものなのですが↓



かねてよりこのピンクのギャザーリボンで「ふわふわの」ブローチを作ってほしいと頼まれていたんですね。
でもどうやって作ったものかなあ、とずっと悩んでいました。

そして、ボタンの裏に穴がなかったために、ネックレスには使わなかった、花とレコードのボタンを一緒に使って作ってみよう!とひらめいたんですよ(んな大げさな…)。

おわんの裏にピンとクリップのついた台を使いました。
ピンク色のフェルトを、この台の大きさにカットして、フェルトにリボンを丸く縫い付け、最後に花のボタンを縫い止めてみました。
そしておわんにたっぷりと接着剤をつけて、フェルトをぎゅっと押し付けてできあがり。



ご覧のとおり、非常に拙い出来ですが、これを見たベビ太、「わあ~、かわいい~!!」。

お気に召すかわからなかったので、とりあえず一つ作ったのですが、気に入ってくれたようなので、また残りのボタンでも作ろうと思います。

この台、クリップと安全ピンの両方がついていて、危ないので主にはクリップを使ってもらうのですが、このクリップが便利!



ヘアピンにもブローチにもなります♪

ヘアピンの図↓








Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでいただきまして、ありがとうございます。

今日は、デコレクションズの黄色いカットクロスのセットで、「CHECK&STRIPE みんなのてづくり」という本の『リボンのミニバッグ』の作り方を参考にミニバッグを作りました。

このリボンのミニバッグは、以前、友人へのプレゼントとして一度作ってから、とても気に入っているパターンです。



黄色い小さな花がたくさん散らばっているかわいらしい生地を表地にしました。
生地は表地も裏地もデコレクションズのものです。



タグはW-Note*のものです。
タグの右上に、黄色、オレンジ、ピンクの3色のミニボタンを、それぞれ同色の糸で縫い付けて、楽しい感じにしてみました。

裏地には白地に黄色とグレーのドット柄の生地を使っています。
なんとなくぽわんとした雰囲気のドットがかわいいですよね。



見やすいように、ひっくり返しますね。



内側には小さいポケットをつけました。
「megosuri」の「me.」のスタンプを押して。

リバーシブルで使えます。

そして、表地と持ち手に接着芯を貼ってあるので、持つとパリッとしています。



洗濯して干すときには、こんなふうにすると、早く乾きますよね↓




ここのところ作っていた“デコレクションズ・シリーズ”の中では、一番きれいにできたと思います^^

この“シリーズ”、プレゼント企画でプレゼントしようかと思っているのですが、いかがでしょうか?
どなたかもらってくださる方、いらっしゃるでしょうか。
また準備ができたら、お知らせしますね。








☆本☆


Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お立ち寄りくださいまして、ありがとうございます。

今日、というより昨日、大切な友人が仕事でこちらに来ているというので、会いに行ってきました。
仕事、とても忙しそうなのに、私の新しい仕事のことを気にしてくれて、「楽しくやっている」と話したところ、とても喜んでくれました。

少しの間でも、久しぶりに会えてうれしかったです。ありがとう。

そしてこちらも久しぶりにカントリーキルトマーケットに行ってきました。

それほど広くはないのに、整然と商品が並んでいて、それなのに掘り出し物がいっぱいでワクワクする感じの大好きなお店です。

カットクロスがほぼすべての生地分あって色別に並べられていて見やすいし、試しやすくて、気に入れば次に行ったときに好きなだけカットしてもらって買えるのがいいです。

それに、本当にちっちゃなハギレを置いてあるコーナーなんかも楽しいですよね。

ちょっとした雑貨やキットもかわいいものばかりです。

ベビ太も一緒だったので、ゆっくりとは見られませんでしたが(一日中見ていたい!)、厳選してあれこれ買ったので、ここでご紹介♪

まずはベビ太がどうしてもというので購入した生地↓



ベビ太の大好きなピンク色の地に、リップスティックが散らばっている女の子っぽいデザイン。

私はどちらかというとクールでスタイリッシュなものが好きなので(!)、なぜ娘が女の子っぽいものを好むようになったのか謎です。
でも、繰り返し柄は好きなので、こういうのもいいな、と新鮮です。

ベビ太にこれで以前も作ったエプロンスカートを作ってと頼まれ、用尺がそのときわからなかったので、2m買いました。散財です。

そしてこちら。



以前作ったタックグラニーに使った生地がとても素敵でしたので、今回はカットクロスではなく、1m買ってみました。

あとはカットクロスいろいろ。

まずはリネンのカットクロスです。



合わせやすいネイビーとホワイト、そして麻色を選びました。
麻色のは、布目が見える感じで張りのある手触りなので、クロスステッチに使えそう、と思いまして…。

いちご柄↓



水色と黄色、どちらも生き生きとしていてかわいいデザインですよね。

そして今回は、なぜかブルー系が気になって。

きれいなブルーのドットとストライプ↓



同じくブルー系で、マーガレット柄と、水色と白の小花柄↓



小花柄の方は、お得ハギレコーナー(?)に置いてあった、とても細長~いカットクロスです。
このお得ハギレコーナー、意外な発見もあり、小さくてもそれはそれで使いやすいですし、ついついじっくり見てしまいます。

大きさの異なるドットがモダンな色違い↓



好きな黄緑色と、やっぱり気になるブルー。

他にベビ太にせがまれて、かわいいボタンやらワッペンやらも買わされてしまいましたが、カントリーキルトマーケットは本当に楽しい場所です^^






庭に植えてあるいちご、このところ、実がたくさんついてきていたのですが、やっと真っ赤になってきました。



今日は2つベビ太が収穫。



おいしかったそうです。

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
今日もおいでくださいまして、ありがとうございます。

今日は、先日裁断したデコレクションズの生地を使って、コースターを2枚作りました。
サイズなど参考にしたのは、大好きな本「水玉がすき」です。

まずはこれ。
白地に赤の斜めストライプの生地に、同じく白地に赤い小花の散らばった生地を組み合わせました。
生地のつなぎ目は、白いレースでちょっと飾りつけ♪



反対側は、全面赤地に白のドット柄の生地。



先日の日記ではじめて布箱を作ったことを書きましたが、そのときに使ったのと同じ生地を使って作りました。
手元にあるデコレクションズの生地の中で、一番好きな、赤のカットクロスのセットです。

大きさがちょうどおんなじ。
この位のサイズ感が好きなのかもしれませんね。



サイドには綿テープをはさみました。

綿テープにはコーヒーカップのスタンプと↓



「megosuri」を表す「me.」のスタンプ↓



そしてもう一枚。

大好きな紫色と黄緑の組み合わせ。



白地に紫のブーケが散らばった生地と、黄緑色に白い大きさもまちまちなドットが不規則に散らばっている生地の組み合わせ。

反対側は、紫色に白のドット柄。



右下に、コーヒーカップと「me.」のスタンプを押しました。

どちらのコースターも、表地の裏に接着芯を貼って、張りを持たせました。

サイズは10.5×10.5cmくらい。









☆本☆


Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ