ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2014年04月

こんにちは、megosuriです。
お越しいただき、ありがとうございます。

以前作ったベビ次郎用のリスの保育園バッグ

シーツなどがない日は少し大きすぎるような気がして、もう少しコンパクトなものをと思い、もう一つバッグを作ってみました。



別布でふちどりをしたように見えますよね?
ですが、ふちどりをきれいに仕上げるのが不得手な私、ふちどりをせずにそう見える作り方をしてみました^^

簡単に作り方を書きますね。
そんなの知ってるさ!という方は、読み飛ばしてくださいな。

まず持ち手を作ります。

市販のテープを使ってもいいのかもしれませんが、私は肩へのあたりが柔らかい、共布で幅広の持ち手をつけるのが好きです。

10cm幅で裁断して、長辺の両端を1cmずつ折り、さらに半分に折って、ミシンで縫います。
すると、幅4cmの持ち手ができます。

それから、「わ」になっている方も縫います↓



このとき、先ほど縫ったのと同方向に縫い進めると、持ち手がうねったりしないので、どちらから縫い始めたかがわかるように、最初に縫い始めるときにピンチをつけておきます。

次に外袋と内袋をそれぞれ作ります。

ワッペンやタグなどをつけるときは、このときにつけてしまえばきれいにできますね。

内袋の脇は、返し口を10cmほど開けて縫います。

また、外袋には、持ち手を下げた状態で表側に仮止めをしておきます。

外袋、内袋とも、マチまで作ったら、内袋は裏返したまま、外袋は表に返して、内袋の中へ入れます↓



そして、口のところ1cm辺りをぐるっと縫います↓



縫ったら、返し口から外袋を引っ張り出します↓



するとこんな状態に↓



赤いリボンを置いたところが返し口です^^
外袋や内袋の角のところなどを整えてから、返し口をふさぎ、内袋を外袋の中へ入れます。

このときに、内袋を少し出した状態で、ぐるっと押さえのミシンをすると、あら不思議!(えっ?)ふちどりをしたバッグのできあがりです^^





内側には小花柄の薄地のコットンを使いました。



アイロン接着できるお名前テープをつけて、ミシンでも縫いとめています。



ガーゼキルトは、薄いピンクの地に、ピンクとグリーンのドット柄♪

ドットのところどころが、イチゴやりんご、洋梨になっている、楽しい生地です。

マチを10cmにしたため、なんだかリスの保育園バッグとたいして変わらない大きさになってしまったかも…。
まあ、洗い替えということにしておきましょうか。

私もふちどりが苦手、という方のご参考になればうれしいです。





Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。

白と黒のクロスステッチの携帯用ソーイングセット、できました。



図案:「クロスステッチの基礎BOOK」より
布:32ctのsajourリネン
糸:DMC25番刺繍糸 310、BLANC



中にキルト芯を挟んでいます。
上下の連続模様、もっと長くすればよかったですね…。

反対側はこのようになっています↓



ぴったり合っていません…。
なんというか、ガタガタ、ここに極まれり、といった様相を呈していますね。

縫い付けたシェルボタンに輪っかにしたコードをはめて閉めます。

大きさは、本に記載されているものより大きくなりました。
CDくらいの大きさ↓



中はこのようになっています↓



まず右側↓



綿綾織テープを縫い付けて、はさみ入れにしています。
はさみは落ちないよう、縫い付けたコードで結びます。

そして、幅広のレースを縫い付けてポケットにしています。

左側↓



エッフェル塔のクロスステッチを施したピンクッションを、ピンク色の糸でとめました(シャレではありません(^_-))。

そして下側に、右につけたのと同じ幅広レースをつけてポケットにしています。



右側はほとんど本のとおりなのですが、左側は、本ではピンクッションの他に、ボタンシートやニードルケースもつけてあるんですね。

ただ私はボタンシートは使わないだろうというのと、針はケースごと持ち歩かないと、何の針か忘れてしまう、というのがあって作りませんでした。

えっ、作るのが難しかったからじゃないの?それかめんどくさくなったんじゃない??

ははは、まあ、そうかもしれませんね~。








☆本☆


スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

携帯用ソーイングセットの表側のステッチが終わりました!



図案:「クロスステッチの基礎BOOK」より
布:32ctのsajourリネン
糸:DMC25番刺繍糸 310、BLANC



白い糸で上下に連続模様をステッチしたのですが、特に上側のステッチに時間がかかりました。
できあがってほっとしています。

次は内側づくり、です。






☆本☆




さて、昨日とてもうれしいことがありました。

私の大好きなブログ、o2*sewing noteのo2さんが、昨日ブログを更新されていたので、いつものように駆けつけたのですが、あるお店のトートバッグの縫製を手がけられた、ということが書かれていたのです。

そもそもこれまでお仕事としてなさっていなかったことが私には驚きでしたので、とてもうれしくて、急いでそのお店にもかけつけたところ(インターネットで、です^^)、とてもモダンな素敵なバッグ♪

o2さんの作られたものを手元に置けるチャンス!、そしてバッグも好きな感じで、売り切れになる前にと急いで注文しました。
届くのが楽しみでしかたありません^^

ところでこのお店、「NIRAME.CO」というお店なのですが、アルファベットなので、読み方をよく確認していなかったんですね。

それで、インターネットで注文後、ベビ太とベビ次郎を保育園へ迎えに出た間に、電話がかかってきたよ、と夫に言われたのですが、そのときに、「あまのじゃく?なんかそんな感じの、悪そうな名前のところから、トートバッグの注文の件で、って電話あったよ。後でまた電話してくださいって言っといたけど」と言われて、よく見たら、「にらめっこ」というお店でした(お店の方、ごめんなさい、失礼しました)。

後で電話がかかってきましたが、とても優しそうな方からでした(←当たり前です)。

在庫がなかったのだろうか?と不安になったのですが、在庫はあり、明日発送する、とのことでほっとしました。

おそらくわざわざ電話がかかってきたのは、なぜ購入に至ったのか、がお聞きになりたかったからのように思いました。

それで、私ときたら、別にo2さんとお話ししているわけでもないのに舞い上がってしまい、自分がブログを始めてから、縫製された方(o2さんのことです)のブログに出会ったこと、それ以来ブログをいつも読んでいること、それで大ファンであること、昨日ブログでトートバッグの縫製をされたことを読んで、なくなってしまう前にと急いで気に入ったバッグを注文したこと、などをかなり興奮気味に語ってしまったんですよ~。

お店の方にちゃんと伝わったかしら…。

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

今日は素敵なソーイング本を2冊ご紹介♪

まずはこちら↓



美濃羽まゆみさんの「作ってあげたい、女の子のお洋服」。

90~130サイズの洋服が中心で、80も3点掲載されていて、実物大の型紙つきです。

小さな女の子は、それだけでかわいらしいのですが、子供の意向もあって(?)派手な服や、キャラクターものの服を着せることも多いですよね。

でも私は、できたらいい素材の布で作ったきれいな形の服を着せたいなあといつも思っていました。

この本は、そんな私の切なる願いを形にしたかのような本です^^

特にその雰囲気が出ているページを少しだけちらっと。





見ているだけでも楽しい本です(見てるだけじゃなくて作りなさ~い!!)。

そしてもう1冊は…私を知っている人なら「えっ、あなたのカラーじゃないでしょ?!」と言われそうな、ティルダの本。



でもね、ティルダの布ってロマンチックでかわいらしいのですが、どこかしんとした静かなところもあって、なんだか心惹かれるんですよ。

この本では、“カットクロスでできる50のアイデア”として、エプロンやバッグ、シュシュなどのアクセサリーの作り方や、ラッピングに使うアイデア、ジュエリーボックスを作る、などとても素敵なアイデアが満載。

知らなかったのですが、ティルダはロゴマークがかわいらしくて、おしゃれなタグのようなのですね。
それを活かしたピンクッションが特に目を引きました。



作りたいものいろいろ、刺繍してみたいものいろいろ、でいくら時間があっても足りませんね^^





☆本☆




Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

刺繍用の布ではない、綿麻のベージュチェックの布へのクロスステッチ、できました。



図案:「はじめてでもできるアルファベットの刺しゅう」よりau bon goutさんの『トートバッグ』の図案
糸:DMC25番刺繍糸115 1本どり


フランスに素直なあこがれのある私には垂涎ものの、「Bonjour」です^^

色合いもフランスっぽいですよね?
何に仕立てようか、まだ考えていないのですが、ポーチや巾着などがよさそうな感じですよね。





スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ