ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2014年03月

こんにちは、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。

夕べはモンキーパンツ最後の1本を作り始めました。
始めたのが遅かったので、途中まで。



脇を縫う前に、左前側にスタンプを押したタグと、布に合わせて水色と赤のボタンを縫い付けてみました↓



最近気がついたのですが、ボタンは4つ穴より2つ穴の方が縫い付けるのが楽ですね。
「えっ、今まで気がつかなかったの?!」という声が聞こえましたよ。

Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
今日もおいでくださいまして、ありがとうございます♪

夕べも下の娘・ベビ次郎用のモンキーパンツを。
2本できました↓



後ろ側↓



もう1本↓



後ろ側↓



パターン:アンの木パターン『まるごとモンキーパンツ型紙セット』・80cm・ストレート・広め幅
布:どちらもRickRack11周年記念のセットの中のニット地



グレーとネイビーの太いボーダーの方は、少し厚手でごわっと目の生地。
ちょっとボーイッシュなので、左前にレーシーなタグとピンク色のリボンを縫い付けました↓



そしてドット柄の方は、ブルーグリーンのやわらかな生地。
思ったより縫いやすかったです。
左前にゾウのワッペンと、地面に模したピンクドットのテープをどちらもアイロン接着で↓



モンキーパンツ、あと1枚作ります。
続けて作ると、レシピを見なくても作れそうです^^






今日のおまけ。
昨日近くの大きな公園で見かけた花々。
まず花壇の花々↓







そして足元にはハコベが咲いていました↓



春が来た!という感じですね。

でも、夕べのソーイングタイム中は、雨風強く、嵐のようでした。

今朝は穏やかに晴れ渡っています。
Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

夕べは、新しく洗い替えにと作った、ベビ太の保育園用の特殊な形をしたシーツのゴムが短いというので、それを直したり、まだタグをつけていない保育園用のズボンにタグをつけたり(こんなふうに)した後、ベビ次郎のズボンを1枚作りました。



パターン:アンの木パターン『まるごとモンキーパンツ型紙セット』・80cm・ストレート・広め幅
布:RickRack スタンダード天竺・マリンブルー



左脇にドット柄のテープを挟みました↓



バックスタイル。ものすごい配色ですが…。
少し大きかったですね↓



マリンブルー、とてもきれいな色なのですが、単色でズボンにすると、ちょっとジャージみたいですね…。

『モンキーパンツ』はこれまで何度か作っていますが、型紙がシンプルで、作りやすいのがいいですね。
本体とモンキー部分を合わせるのが、いつも少しだけ大変ですが…。

ただ、今回が一番うまくできたな、と思います^^




Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます!

まだまだ寒い日が続きますが、もう3月。
4月からは下の娘・ベビ次郎も、ベビ太と同じ保育園に入園します。
そして私も長いモラトリアム(?)期間を終えて、いよいよ仕事復帰。
きっと怒濤のような日々が待っていることでしょう。

今、少しずつベビ次郎の保育園準備を進めているのですが、上の服はおそらくベビ太の小さくなった服で間に合いそうなんですね。
でも下のズボンは足りなくなりそうなので、何枚か用意しなくてはいけません。

全部を作るとなると、ちとプレッシャーだな…と思い、少し買うことにしました。
ただ、ズボンってなかなかいいものが見つからないんですね。
さっぱりして安全な、上の服に合わせやすいシンプルなもの。

そこでこんなときはやっぱり無印良品!と思いついて、子供服をさがしてみました。

さすが無印良品、いいのがありましたので、ちょうど今のズボンがサイズアウトしてきたベビ太の分もあわせて購入しました。

買ったのは、「毎日のこども服ストレートパンツ」という商品で、ベビ太が110cm、ベビ次郎が80cmの黒とグレー。
内側に名前の書けるスペースがついていて、そこに布に書けるペンで名前を書きました。

そしてさらに、子供たちが、自分で前がわかるように、また、少しかわいくしてみようと思い、「かわいいボタンをつける?」「リボンをつける?」などと思案しましたが、いつもの私の基準、「めんどくさい」が頭をもたげ、アイロンで貼ることのできるテープを活用することにしました^^

手持ちのかわいいスタンプを押してから、アイロンで貼り付けるだけと簡単♪

ベビ太の希望を聞いて、白いテープはベビ太用、ピンク色のテープはベビ次郎用にしました。



↑ワッペンつきはスペシャルバージョン



貼る位置は、これもベビ太の意見で、左ポケットのところにしました。
※ベビ次郎のサイズ80cmの方は、前ポケットはありません。



いいところ↓

・前がすぐわかる

・スタンプを押したタグなので、かわいい。アレンジ自在!(ちょっと大げさですね…)

・保育園では、保育士・園児とも、「これはベビ太ちゃんのだ!」「これはベビ次郎ちゃんのだ!」とわかりやすい

・ベビ太とベビ次郎で、貼る位置は定位置にし、テープの色は変えたことにより、洗濯後の仕分けが簡単・速い・わかりやすい。

したがって、母親である私だけでなく、本人たち、夫でもすばやく仕分けができる(←これ、重要!!)

な~んてものすごい発見をしたような口ぶりですが、もうみなさんやってるかな??
もしよかったら、参考になさってくださいね。

夕べはそれから、ベビ次郎用のズボンにと、手元にあったニット地の裁断をしました。



同じパターンで4本作るつもりです。


Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださり、ありがとうございます。

さて、ベビ太の『エプロンスカート』、ボタンをつけてできあがりました。



パターン:「a sunny spot 女の子のまいにちの服」より『エプロンスカート』110cm
使用生地:RickRack カラーリネン・ブロンドローズ
ボタン:RickRack 2つ穴くるみボタン カラーリネン・シェルピンク





ボタンは共布のブロンドローズのものがあったので、それにするか、本の通り、木のボタンにするかをベビ太に確認したところ、共布のシェルピンクがいいというので、そちらの色にしました。

着たところ。一晩着て寝たので、ヨレヨレですが…↓





着てみたベビ太、ボタンのことを「ピンクが見えないね」。

彼女はとにかくピンク色が大好きなのですが、思ったより色が濃くなかった、とのことのようです。
手元にあったシェルピンクのリネンも見せていたのですがね…。
でも全体としては気に入ったらしく、すぐに着て、“ばあば”に見せに行っていました^^

そして残ったカラーリネンで、ベビ次郎にもスカートを作りました。



パターン:「パターンレーベルのこども服 まいにち着る女の子服」より『サーキュラースカート』90cm
使用生地:RickRack カラーリネン・ブロンドローズ
     リバティ・エミリー


ベルト布に、リバティの花柄の布を使いました。



少しの布でポイントになるので、いいですよね。

最近お得意の、自分向けピースサインで↓



ベビ次郎はだいたい80cmの服を着ているのですが、パターンが90cmからでしたので、90cmで作りました。
ちょっと大きめですが、まあいいでしょう。

まだカラーリネンが残っています。
とてもきれいな色なので、また何か作りたいな。

最近刺繍をしていないので、刺繍熱が高まっているのですが、ベビ次郎の保育園用の小物や服を作らなければならないので、しばらくはソーイングが続きそうです。
いえ、特殊な形のベッドシーツを除いては、何も作る必要はない保育園なのですが、私が作りたいのですね~。
必要なもの、使う当てのあるものを作るのって楽しいですから♪





☆本☆



Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ