ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2014年02月

こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。

昨日待ちに待ったsnowwingの型紙が届きました。

なぜ“待ちに待った”かといいますと、私は以前メンバー登録(?)をしたつもりで、購入しようとして何度もログインするもののできなかったので、買うのをあきらめていたんですね。

最近もう一度“新規登録”をしてみたところ、どうも以前は登録できて(して)いなかったようなのでした。

それで、「やっと買えた!」という思いが強くなったわけなんです。

このsnowwingさんの名前は、よくいろんな方のブログなどで拝見していて、こちらのレシピで販売する商品を作られる方も多いようなので、きっと仕上がりもきれいなのだろうな…と思い、ぜひ作ってみたいなあと思っていたお店なんです。

型紙は送ってもらって、作り方はダウンロードして自分で印刷、という方式で、作り方の方がうまくダウンロードできるのか心配でしたが、うまくいきました。

今回は『しじみきんちゃく』と『丸底きんちゃく』を購入。
まずは2つのうち、簡単そうな『しじみきんちゃく』の方を作ってみることにしました。

夕べは布選び、裁断、ダーツ、切り替え部分の縫い合わせまで。



またフロッキープリントを使ってみました

布合わせ、難しいです…。
でもこのままいきますね。
続きはまた。

Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。

4月から下の娘・ベビ次郎も保育園入園が決まり、育休中だった私も、そろそろ復職のことを考える時期になりました。

いろいろと考えること、準備すること、などが盛りだくさんで、いえ、それほど盛りだくさんではないのかもしれませんが、すっかり頭が仕事モードではなくなっていて、ぼんやりとした状態になっているので、これをクリアな状態にするのはなかなか大変そうです。

夜のソーイング&ステッチタイムも少し浸食されそうな…そんな予感。

さて、「北欧の刺しゅう」の中の、FILOSOFI・mareiさんの『野の花のベルプル』のステッチ。

3つめの花、ハルジオンのステッチ。完成しました。



あともう1つの花をステッチしたらステッチは完成です^^





☆本☆
【送料無料】北欧の刺しゅう

【送料無料】北欧の刺しゅう
価格:1,260円(税込、送料込)


こんにちは。
おいでくださり、ありがとうございます。

今週は日中、少し暖かくなるようです。
私は、そんなはずはないと思いたいのですが、どうも花粉症らしき症状が…。

さて夕べは3日ぶりにクロスステッチ♪

「北欧の刺しゅう」の中の、FILOSOFI・mareiさんの『野の花のベルプル』のステッチの続きです。

ハルジオンに取りかかりました。
ほんの少しだけですが↓



ハルジオンは、かわいらしい花ですよね。

私は、というより私たち夫婦は、「水戸黄門」や「暴れん坊将軍」のような、“偉大なるマンネリ”(でしたっけ?)と言われるような時代劇が、見ていて気楽なので好きで、娘が生まれる前は、再放送をよく見ていました。

そして、ストーリーは忘れてしまいましたが、「暴れん坊将軍」の中で、将軍・吉宗が、最後に物思いにふけりながら、お城の庭に咲くハルジオンを摘んでそっと香りをかぐ、というシーンがあったんですね。

それで、少しの間ハルジオンを摘むというのがアワ(our)ブームになっていました。

あるとき、摘んだハルジオンを持って、行きつけの蕎麦屋さんに行ったところ、お店のスタッフの方に、「どうしたんですか、貧乏草なんか持って」と言われて衝撃を受けました。

昔(?)はハルジオンを“貧乏草”って言っていたんですね。
こんなにかわいい花なのに…。
どうしてかな??

ステッチしていて、そのときの驚いた気持ちを思い出しました。




☆本☆
【送料無料】北欧の刺しゅう

【送料無料】北欧の刺しゅう
価格:1,260円(税込、送料込)


こんにちは、megosuriです。
お越しいただき、ありがとうございます。

夕べのソーイングタイムは、RickRackの『ルームシューズ』のココア色とビスケット色の仕上げをしました。

ふちどりが難しかったのですが、4足すべて完成しました!









使用生地:RickRackのファブリックフェルト ミルクティ、グレー杢、ココア、ビスケット
ふちどり:RickRack アクリルテープ ネイビーブルー、茶
フロッキープリント:RickRack フロッキープリント

ついでに、スリッパを放り込んでおける簡単なバッグも作りました。



ふにゃふにゃのランドリーバッグのイメージで、裏地なし、芯なし、短い持ち手のブラウンチェックのバッグです。

チェック柄を斜めに(バイアス方向に)使うつもりでいたのですが、うっかり普通に裁断してしまいましたので、普通のタテヨコチェックになりました。

サイズはそれこそ適当に…。
タテ50×ヨコ40×マチ13cmほどの大きなバッグです。

脇の縫い代は袋縫いにしてあります。



そして、このバッグにもフロッキープリントを貼りました。



これにて任務完了です^^

今回は、フロッキープリントが新しい発見で、楽しかったです。

RickRackではかわいいフロッキープリントもあって、子供用にはそれもよさそうですが、今回使った、文字が中心のものは、大人っぽくてとても気に入りました。

しばらくフロッキープリントに目が行きそうです。

次のソーイングは…そろそろ下の娘・ベビ次郎の保育園準備や、上の娘・ベビ太の服が小さくなっているので、ワンサイズ大きいものを作ったりなど…そんなに作れるかな??



Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでいただき、ありがとうございます♪

夕べのソーイングタイムは、RickRackの『ルームシューズ』の続き。

裁断、底布づくり、甲布のパイピングまで終わっていました。

そこでまずは、甲布に、フロッキープリントを貼り付けます。

上の娘・ベビ太の保育園グッズに名前のフロッキーを貼ったことはありますが、それ以外のフロッキーを貼るのは初めて。

いくつかある図柄のうちから、合いそうなものを選び、はさみで切ってから甲布に当て、アイロン、冷めたらはがすだけ。



とても簡単です。

ポイントは、確実に図柄の方を布に当てること…なのですが、1つ間違ってしまい、フロッキープリントと当て布を無駄にしてしまいました。

気をつけないと、と思っていたのに…。みなさんもご注意くださいね。

それで、初めてのフロッキープリント、文字だけのものにしてみたのですが、なかなかおしゃれな感じです。
こういうのもいいですね。









続いて甲布と底布を縫い合わせ、テープでふちどりをしていきます。

紺色の糸をミシンにかけていましたので、まずはふちどりにアクリルテープのネイビーブルーを使っている、RickRackのファブリックフェルトのミルクティ、グレー杢色のルームシューズからふちどり。

縫い外れ多数、なのですが、できる限り底側に
いくようにしました。

まさかひっくり返してご覧になる方もいませんよね。
というか、見ないでくださ~い!!

フロッキープリントは右足側に貼りました。





ココア色とビスケット色のルームシューズの仕上げ(ふちどり)はまた今晩。




今日のおまけ。

昨日近くの大きな公園で、梅の花がきれいに咲いているのを見かけました。






白梅も紅梅も、どちらもきれいなのですが、ピンク色のものが大好きなベビ太は、白梅を見に行こう、と言っても「池が見たい」と言っていたのに、遠くに紅梅が見えた途端、「ピンクの梅、見に行きた~い」と^^
Clip to Evernote

↑このページのトップヘ