ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2013年12月

こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。

夕べは、クロスステッチのピンクッション<ル・パリ>のステッチの続きをしました。
表は外枠を除いたクロスステッチ部分まで終わっていて、裏(下側、ですね)はブラウンの糸で額縁の装飾のような部分を始めたところで、猛烈な睡魔に襲われて、終わっていました。

まず、額縁の装飾のところから。
ここはクロスステッチとバックステッチの組み合わせ。
その後、裏も表もぐるっとまわりをバックステッチ。

このバックステッチは、裏から始めたのですが、表のバックステッチを始めたところで、そういえば表側は、クロスステッチが終わりかけたときに、ステッチがずれているのに気がついたので、そのままになっていたんだ!と思い出し、裏の外枠と幅が合うようにバックステッチをしました。
ですから、枠からはみ出しているところと余っているところがあります…。

思っていたより、刺繍に時間がかかりました。
表側↓



裏(下)側↓



次はこれをビスコーニュに仕立てます。
あと一息です。


スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お読みくださいまして、ありがとうございます。

夕べはこの本↓





の『クラシカルな図案』のひとつ(Design: 村山美沙子さん)の続き。
夕べはここまで↓



昨日ステッチした「人」は、馬に乗っているんです。

実は私、このステッチを、年賀状にしたいなあともくろんでいるのです。
絵心というものが全くない私は、これまで毎年の年賀状の絵を、夫に任せてきました。
でも、今年はせっかく刺繍を始めたのだから、干支を刺繍して、年賀状にできないだろうかと思っていたのです。
ただ、間に合わないといけませんので、当初はもっと小さな図案でと考えていたのですが、この図案がとても素敵なので、チャレンジしてみることにしたのです。

動物はこの後、馬の脚と尾、それにトリ2羽で、あとはそのまわりに幾何学模様なので、どうにか間に合わないかな?
省略することも考えましたが、やはり全部ステッチしてみたいので、がんばってみます。


スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださり、ありがとうございます。

今日はこの本からクロスステッチ。





『はじめに』にはこう書いてあります。

「この本は、昭和30年代~50年代に発刊された雄鷄社の書籍に掲載のクロス・ステッチの図案を中心に再編集し、カラー図案に描き直したものです…」

『雄鷄社』は、今はもうない出版社ですが、nokioさんの記事でよく見かける名前で、素敵な図案ばかりという印象を持っていましたので、「あっ!」と思い、また、この本の表紙もとても好きだったので、購入してみました。
この社名、『ゆうけいしゃ』かな?と思っていたのですが、『おんどりしゃ』、ですね。

目次は以下のようになっています。

・植物の図案
・動物の図案
・建物と乗り物の図案
・幾何学模様の図案
・クラシカルな図案
・アルファベットの図案
・クロス・ステッチの基礎

表紙だけでなく、中の図案もどれもレトロモダンな感じで、とても素敵です。
夕べはこの中から、『クラシカルな図案』のひとつをステッチし始めました。

布はDMCの25ctのものにし、針はDMCの28番で、1本どりで1overでステッチすることに。
私にはかなり細かく感じますが、それでも1overの方が数えるのが楽ですし、1本どりなので、糸が絡まりにくく(絡まらない、とは言えません…2、3度は絡まりました…)、結構快調に進んでおりましたが…。

夕べもまたもや下の娘・ベビ次郎が何度も目を覚まして、なかなか続けて寝てくれない!!
やっとここまで↓


糸:DMC25番刺繍糸 347
※指定の糸が手元になかったので、別のものを使いました。

動物と幾何学模様の図案で、とても素敵なんですよ。

今日のおまけ。というより関連で。

雄鷄社の本。
表紙右下のオンドリマークがとても素敵。

中には、かわいいサンプラーやキッチンクロス、ピンクッション、ソーイングポーチ、バッグなどの刺繍小物が載っていて、見ているだけでもうれしくなるような本です。
かわいいといっても、静かな穏やかな、ちょっと大人っぽいかわいらしさのものばかりですよ。





こちらに載っているものも、いずれ作りたいものです。
ああ~もっと時間がほしい~!!
やってみたいことがいっぱい!!!


スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。

夕べは久しぶりにRICO社のキット「ティーポット」のステッチをしました。
いつ以来でしょう。
前回の日記がこちらで、11月30日でしたから、もうずいぶん寄り道をしてしまいましたね。

ティーポット本体の、花と葉の刺繍まで終わっていましたので、夕べはひたすらティーポットの地の部分を地味にステッチ…。
夕べはここまで↓



えっ、あんまり前と変わってない?
これでも少し進んだんですよ~。
あとは輪郭付近のクロスステッチと輪郭線のバックステッチ、ふたと足(台?)、取っ手に注ぎ口…あれっ、まだまだありますね!
もうしばらくおつきあいくださいね^^

今日のおまけ。
庭のビオラとラベンダーの様子。
たくさん咲いてきていた鉢のビオラは、ますます花が増えています。









スポンサーリンク

 

こんにちは。
おいでいただき、ありがとうございます。

夕べは、前日の続き、RickRackの『トートバッグ』・中を作りました。
裁断をし、本体表、底布、持ち手に接着芯を貼って、持ち手をアイロンで折るところまで終わっていましたので、持ち手をミシンで縫うところから。

長辺を2本縫うわけですが、同じ向きに縫わないと、持ち手が波打ってしまいますので、間違えないように、縫い始めに折り目を押さえるのとは別に、赤いピンチをとめて、縫い始めました↓



次に、本体表にポケットを仮止めして(外ポケットはお好みで)、持ち手を縫いつけます↓



それから底布をつけるのですが…。

ん?サイズが合わない?
型紙を確認しましたが、おそらく間違えてはいないはず…。
持ち手に2cmほどかぶさる、と書いてあるのですが、もっともっとかぶさってしまいます…。
それで、余分はカットして縫いつけました。

(追記)
底布は、本体布と同じ型紙を折って使うのですが、折った後に使う側を間違えていました…。
RickRackさんに問い合わせをしたら、すぐに優しくおしえてくださいました、
いつもすみません、お手数をおかけしました。ありがとうございます。


あとは両脇を縫って、マチをつくります。
これで表側は完成。
裏側も同様に作ります。

最後に表裏を合わせて縫います。
表から縫った方が仕上がりがきれいだと思いましたので、ミシンのテーブルを外してぐるっと縫い↓



完成~!
外ポケットがついている方↓



反対側↓



しっかりめの生地を使いましたので、入れやすそう。
中サイズは、思ったよりもコンパクトでしたが、マチがかなりありますので(中は12cmもあります)、たくさん入りそうですよ。







内側にもポケットがありますので、便利♪
こちらには表地と同じシトラス&レモンの生地を使いました↓



ポケットは、それほど布を使わないので、外も中も2つつけてもいいかもしれませんね。
ただ、柄を楽しむのであれば、外側にはポケットはない方がいいのかも。
持ち手は、肩にかけるには、厚着している冬だと少し短いかもしれません。

この『トートバッグ』は、大・中・小の3サイズがセットになっていますので、いろんなサイズをいろんな生地で作って楽しめそうですね。

今日のおまけ。
豪華な雰囲気のクリスマスツリー。



そして昨日届いた、中古で買った本♪









刺繍熱が下がりません。

Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ