ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2013年11月

おはようございます、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます♪

今日は久しぶりに、『ティーポット』の刺繍。
ティーポットの真ん中の薔薇の花まで終わっていましたので、その周りの無地の部分を、これまで、合間合間に埋めていました。

夕べは、それが一区切りついたので、全体に散らばっている花や葉の刺繍をしました。
改めて見ると、ポットの向かって左側の地の部分、真っ白なはずが、サンドベージュのような色…。



あれっ?と思い、よく確認してみると、別の色の糸を、同色の糸として取り扱っていました。
しかも結構な面積…。
サンドベージュの糸は、ティーポットの輪郭付近に使う糸だったんですね~。
面の広い部分に使ってしまいました。
失敗失敗。

気にはなりますが、布もいたみますし、今さらほどけません。
まあ、見なかったことにして、花と葉の刺繍を。
花に使うピンク系の色は、はじめにきちんと分類してありましたので↓



丁寧に確認しながらステッチ。
葉は、グリーン系の糸をまずチェック。
危ない危ない、こちらも2色しかないと思い込んでいたら、3色ありました↓



葉はこの3色のうち2色を使いますので、慎重に色を確認しながら進めました。
残りの1色は茎用で、夕べはそこまではできませんでした。

ここまで終わりました↓



思っていた以上に、華やかで、でも不思議に穏やかな印象もあるデザインです。
最後に…夕べの教訓。
『同系色の糸を整理してから始めること』。

夕べまでに思ったこと。
『地の部分にもステッチが必要で、かつ、散らばっている模様があるものは、(私には)結構大変』。

何かの参考になったでしょうか。
そんなの当たり前~という方は、ご放念くださいね。

昨日は初雪あり、そして一日中荒れた天気で、午前中にはひょうが降りました。
植木鉢の中のひょう↓



寒そうな後ろ姿のスズメ↓



ふくらすずめになってますね~かわいいです。
寒い一日でした。
今朝は一転、澄み切った青空です。
でもやはり寒い!

今日はベビ太とベビ次郎をインフルエンザの予防接種へ連れていくことにしています。
毎日乾燥していますね。
風邪など引かないよう、お気をつけくださいね。




おはようございます、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。

夕べは、『はんど&はあと』12月号のキットを使って、『ミニスワッグ』(=もみの木などの枝を重ねて飾りをつけた、クリスマス用のアイテム)を作りました。



まず新聞を丸めます↓



そうしたら、それにガーランドを巻きつけます↓



それから、リボンにワイヤーを通して↓



先ほどのガーランドとくっつけて、後は飾りをつけていきます。
この飾りもすべてキットに入っていたものです。

雑誌では、縦形、横形、クレッセント(三日月)形、定番のクリスマスリース形の4タイプの作り方が載っているのですが、私は不器用なので、一番失敗の少なそうな、そして手順の少ない、クレッセント形にしました。
ただ、かけたときのバランスも考えて、三日月が寝転がっているような状態にしてみました。

本当は、前の晩に作ったサンタとブーツの刺繍のオーナメントをぶらさげようと思っていたんですよ。
でも、ちょっと合わない気がしたので、それはやめました。
私にしては、一応形になったので満足。

はんど&はあと』は、書店では販売していない、送付されてくるタイプの雑誌で、毎号、掲載されている作品の一部が作れるキットも入っています。

実を言うと、これまで一度もキットを作ったことがなかったのですが、今回初めて作ってみて、思ったより簡単にできて楽しかったです。
今号は、クロスステッチの記事も多くて楽しかったのですが、この雑誌は、手芸だけでなく、料理やDIYの記事も載っているんですよ。

『ミニスワッグ』は、玄関ドアの外にぶらさげました。









Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
お読みいただき、ありがとうございます。

引き続きサンタ&ブーツのクリスマスオーナメントの刺繍。
途中だったブーツの刺繍が終わり、既に刺繍の終わっていたサンタとともに、仕立てて完成しました↓



ラメ糸ですが、通常刺繍糸は、6本を1本1本に分けてほぐしてからまた必要本数を合わせて使いますよね。
それをせずに、4本どりなので、2本を取り除いて、そのまま4本を使ったら、ほんのわずかですが、やりやすくなりました。
でもやっぱり普通の刺繍糸よりは、はるかにやりにくかったです。

そして仕立て。
中表にして返し口を残してミシン。
綿を入れて、リボンを挟みながら、手縫いで返し口を閉じます。

クロスステッチ針は、先が丸いので、刺さっても痛くないんですよね。
それでその感覚で手縫い針を使っていたら、久しぶりの手縫い針、指に刺してしまい、飛び上がるほど痛かったです。

そして、綿を入れてきれいに形作るのは私にはやはり難しかったです。
いびつな形になってしまいました…。
でも、まあ、いいでしょう。

さてさて、これはどうやって飾ろうかな?
リースを作ろうかと思っていて、そこにぶら下げたらどうだろう、と考えているのですが、どうでしょうね。

まだ11月だし、とのんびりしていたら、お向かいさんもお隣さんも、立派なリースやベルを、玄関ドアにもう飾ってるんですよ。
なんだかいそがなきゃ~という気になってきました。
この気忙しさ、もう年末なんですね。



こんにちは、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。

最近頭の中をぐるぐるとまわっている歌があります。
おかあさんといっしょ」の今月の歌、『ようかいしりとり』です。
1番の歌詞はこういうのです↓

♪ようかいはかせの ところに
ろくろっくびが やってきた
ようかいしりとり しようかい?
よーし そうかい しようかい

ろくろっくび(び)
びんぼうがみ(み)
みつめこぞう(う)
うみぼうず(ず)
ずんべらぼう(う)
うまつき(き)
きつねび(び)
びじんさま(ま)
まくらがえし(し)
しらぬい(い)
いったんもめん

ん?! まけた~
ろくろっくびは くやしそうに
くびを びよーんと のばした♪

へええ~、こんなおばけ、いたんだ~と驚きますし、ちょっとアップテンポで楽しくておもしろい歌なんですよ。
この番組を見る機会のなかった方にもとてもおすすめの歌です!

児童文学について、以前「子供が読む本、ではなく、子供も含めて幅広い年代の人が楽しめるジャンルだと思っています」と書きましたが、Eテレの、「おかあさんといっしょ」を含む子供番組も同じで、とても見ごたえのある番組が多いです。

デザイン的にも音楽的にもすぐれていて、制作には一流の方がたくさん関わっているんですよね。
“子供番組”、見ているのは、子供だけではなく、子供の近くにいる大人も、ですから、幅広い年代をひきつけるようにできているのもうなずけます。

我が家の4歳と1歳の娘たちは、それまでどんなに大騒ぎしていても、「おかあさんといっしょ」が始まると、ぴたっと、文字通り動きまでとまって、じーっと、にこにこしながら、または、ノリノリで踊りながら見始めるんですよ。

作っているのは大人なのに、どうしてあれだけ子供の心をひきつける番組が作れるんだろう?と思います。
育児に疲れ果てた親の救世主ですよ、ほんとに。
いやはや、どんな魔法を使ったの?という感じです。

さてさて、今日は、またまたクロスステッチ館で購入したキット。
サンタとブーツのクリスマスオーナメントが作れます。

初心者なので、“1日で完成”という言葉にひかれたのと、オーナメントの作り方が知りたかったので選んでみました。
この商品も、やはり必要な布や糸、針、綿、リボンがセットになっていて、サンタとブーツの2つのオーナメントが作れるようになっています。

今回は、布を四等分してから始めます。
そして、なになに、周囲をかがってから始める…。
布は12cm四方なんですよ。
めんどくさ~い! ということで、ミシンでジグザグ縫いをしてから始めました。

先日のダーラナホースのキットは、2本どりのクロスステッチをして布をカットしてホルダーに入れるだけでしたが、今回は、クロスステッチは4本どり、他にバックステッチやフレンチナッツステッチもありますので、ちょっと難しめですね。
オーナメントに仕立てるという作業もありますしね。

とにかくステッチステッチ…。
大きさは10cmの刺繍枠をはめてこんな感じ↓



4本どりなので、針を表に出すときに、穴が混み合っていて、うまく出せないときがあるのですが、そんなとき、私は裏側を見ながら針を入れています。
見苦しいですが、こんな感じで↓



そうすると、不思議とすんなりと針が出て、すでにステッチしてある糸を割ってしまうこともないんですよね。

最近、クロスステッチばかりでしたので、サンタの目は久しぶりの“フレンチナッツステッチ”。
ちょっと左右の目の大きさが、違ってしまいました。
これと口はバックステッチは2本どりで。
やれやれ、サンタが終わった、これでもうほとんど終わったも同然ね、と思ったら…。

“ラメ糸”のシャイニーグリーンの糸が大変でした!!
まわりをぐるっとステッチするのと、“きらきら”のところに使っているのですが、これがなんというか、硬くてバサバサとしているのです…。



“きらきら”はそんなに分量がないのでまだよかったのですが、まわりをぐるっとステッチするのが、思った以上に大変で…。

なにしろ、ものすごくバサバサしているので、4本の糸がまとまってくれず、それぞれに動く感じで、糸を引くたびに、1本ずつぐっと引かないと、輪になっていたり、からまっていたりと1ステッチ1ステッチ、全く気が抜けないのです…。
それだけ気をつかっても、なんだか糸が浮き上がったような感じに…。

刺繍では始めに玉結びはしないものだと思いますが、それだと、糸がばらばらになってしまいそうでしたので、玉結びをした上で、他の糸の下をくぐらせました。
とにかくなんだかもう必死!
それでもまあ、なんとか終わりました↓



そしてもう1つのブーツの刺繍に取りかかりました。
ああ、ラメ糸に比べ、ふつうの糸は、なんてしなやかでステッチしやすいんでしょう!
何も考えなくてもどんどんステッチできてしまいます!!(んな大げさな…)

これは快調、仕立てまでいけるかな?と思っていたら、ベビ次郎、何度も起きてどんどん遅い時間になり…。
続きはまたにしました。
夕べはここまで↓



これだけでも結構かわいいです。
それにしても、恐るべしラメ糸!
なんだか“バサバサおばけ”が夢に出てきそうでこわいです。


こんばんは。
お越しいただき、ありがとうございます。

先日、夫用にルームシューズを作りました。

できたときには、プードルファーがふかふかで、気持ちのよいルームシューズだったのですが、もうすっかり毛足が寝てしまって、しかも、バイアステープの縫い付けが悪く、縫い外れのところからキルトの中身が見えてきていて…。




※お見苦しくて申し訳ありません

こりゃいかん、ということで、今度はキルト生地でルームシューズを作ることにしました。
使った生地は、RickRackのキルト麻デニム・ストライプのグレーです。

ファーのときは、厚みがあるので、ふちどりにはバイアステープを使いましたが、今回はテキストどおり、コットンテープを使いました。

ファーの厚みがなくて、キルトだけだと、印つけもしやすいし、縫い合わせもしやすく、またコットンテープを縫いつけるのも楽でした。
といっても、ちっともきれいにはできていないのですが、まあ、ファーのときよりはまし、という程度です。
お恥ずかしいですが、お見せしますよ。
心のご準備を…。





う~ん、改めて見ても、ものすごい仕上がり…。
まあ、これで様子を見ましょう。

ミシンを出したので、刺繍が完成した『クリスマスレッドのタペストリー』の、リネンテープの端始末だけやってしまいました。
作り方には“まつり縫い”と書いてあるので、手縫いでした方がいいのかもしれませんが、手縫いにはミシン縫い以上に自信がないので、ミシンでだっと縫ってしまいました。
あとはタッセルを作ってつけるだけです。

今日のおまけ。

見苦しいものをお見せしてしまったので、おわびに昨日購入した本をご紹介♪
何かのご参考になれば…。



以前も見かけて、気になっていた本。
毛糸とかぎ針がセットになった本です。
って作る時間あるの?と自問自答…。

そしてこれ↓



「天然生活」は、手づくり特集だとつい買ってしまいます。

そしてこれ↓



手元にラミネート生地が残っているのもあり、また、かわいいものがたくさん載っていたので。
ラミネートは端の始末が楽なので、いろいろ作りたいものです。



↑このページのトップヘ