ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2013年10月

こんにちは、megosuriです。
お読みくださいまして、ありがとうございます。

ゆっくりと進んでいる、『クリスマスレッドのタペストリー』ですが、夕べは、クリスマスリースとエンジェル1人まで終わりました↓



☆「ステッチイデー vol.18」より、FILOSOFIさんの『クリスマスレッドのタペストリー』☆

糸はDMCの25番刺繍糸の2本取りで、リースのリボンとエンジェルは明るめの3777、リースは暗めの3857、リースの雪(でしょうか?)とエンジェルの服の裾の模様がBLANCです。

指定の色は、BLANCのみなのですが、それでもこの白が効果的で、キラッと光っているみたいですね。

リースの左側にもエンジェルがいるのですが、途中までステッチして間違いに気がつき、ほどいたので、中途半端な状態になっています。

失敗するときは、無意識にでも、集中力がなくなっているときなので、無理に進めず、そこで終わりにしました。
またがんばりますね。

今日のおまけ。
ギン(銀)モクセイです↓



あまり見ないので、おおーっと思ってパチリ。
キンモクセイに比べ、かなり白っぽいです。


こんにちは、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。

私の家には部屋より広いと言ってもいいくらいのだだっ広い庭があるのですが、引っ越しの際、どうにか持ってきた、夫セレクトの鉢をぽつぽつ直置きしたり、いちごやアサガオを直植えしている程度で、ほとんど手を入れていません。

でも、花があると楽しいんだよな、と思い、涼しくなってやる気が出てきたこともあり、ビオラとラベンダーを取り寄せました。
小さなポットに入った状態で届き、とりあえず、エアコンの室外機の上にのせてありました↓



これまであまり植物の世話をする気が起きなかったのは、自分が選んだ植物、自分が選んだ鉢ではなかったからに違いない!と思い至り、今回は自分の好きな植物、好きな鉢にこだわることに。

そしてやっと昨日、ホームセンターで鉢を買ってきました。
鉢を直置きしたくなくて(虫が来そうなので。でも上に置いたからと言って、来ないわけではないのでしょうが)、フェンスにかけられるタイプで、ナチュラルな感じのものでさがしました。
完全に納得がいったわけではないのですが、まあいいでしょう。

同時に、100円ショップのSeriaで、ちょっとした雑貨も購入!
Seriaはガーデン用品も充実していますね。
中くらいや大きめの鉢ももう少しおしゃれなものがいろいろ選べるともっといいのですが…。



いろいろ雑貨も並べた、おしゃれな感じにしたいと思ったからです。
でも、ちっともマメじゃないので、続けられるかどうかはわかりませんが…。

「WELCOME」「GARDEN」の2つのピックセット、かざぐるまのピック、木のネームプレート2種、アルミのネームプレート1種に木の箱、ひょいとひっかけられるアルミポット。

形から入るタイプなので、いろいろと用意してしまいました。

土はずーっと前に買って置いてあったので、さっそく鉢に入れ、簡易ポットから植物を取り出して、こんなふうに3つ並べました↓



向かって左側から…



ビオラ3色。イエロー、オレンジ、ホワイト、と咲くはずです。
「WELCOME」ピックも一緒に。

真ん中↓



大好きなラベンダー。
香りも色も大好きです。
これまでにも何度かチャレンジしていますが、いつも枯らしてしまうので、今度こそは育ってくれることを願っています。
赤いかざぐるまのピックも一緒にたててみました。

右側↓



これもビオラです。
濃い紫色、きれいなブルー、黄色の花が、もう咲いています。
こちらには「GARDEN」のピックを。

棚なども置いて、いろいろとディスプレイをしたり、グリーンでたれさがるようなもの(例えばアイビーのような…)を置いたりして、おしゃれ~な感じにできたらいいなあと思っています。

ちょっとこんな本まで買ってしまいました↓



三日坊主よりも短い一日坊主なので、どうでしょう。続くかな??



Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
お読みくださいまして、ありがとうございます。

秋というより冬、という感じに寒くなってきました。
暑がりの私でも、さすがにそう感じます。

そこで夕べは、かなり以前に手芸店で購入し、そのままになっていたベビー用のベストを作ることにしました。
買ったのは、50~70cm用で、型紙、生地、ふちどりニットテープがセットになったものです。

生地は表側が、ピンク地に、ピンクの耳のオレンジ色のゾウと、青い馬が散らばっている、ちょっとメルヘンチックなデザイン。
裏側(肌側ですね)はタオルみたいな生地で、気持ちよさそうです。
ニットテープは生地に色を合わせた淡いピンク色のもの。

作り方を見ると、とてもシンプル。
生地は一枚で、肩だけ縫い合わせて、あとはぐる~りとふちどりをし、ひもをつけるだけ。
これなら私にも楽勝だろう、ささっと作って後はステッチタ~イム!!と思っていたのですが…。

型紙づくりと裁断、肩の縫い合わせまではまあまあ快調。
途中何度もベビ次郎が起きるので中断されましたが、あとはふちどり。

いつも縫い目が落ちるので、裏側から縫い付け、表をくるんで表からミシン、という手順にしましょう。
うんうん、それがいいですね。
ところが…小さなベストですが、ふちどりがものすごく長いんですよね…。

ひもの部分もありますが、キット内容のところを見ると、「ニットテープ約3.4m」。
単純に考えると、二度縫うわけですから、6m近くを縫うわけです…。

それでも、ふちどりは仕上がりがきれいかどうかは置いておいて、まあよかったのですが、問題はひも。
ひもはふちどりした後に残ったテープを4等分して縫ったものを使うのですが、1cm弱の幅のテープをひも状になるように縫うのが難しかった!

返し縫いも縫うのも、気を抜くと(抜かなくても)ちっとも針が進まな~い!!
仕上がりがどうの、というレベルではない仕上がりになってしまいました。

まだかわいいキルト生地があって、洗い替えのこともありますので、少なくともあと1枚は作ろうと思っていたのですが、次は、そうですねえ…面ファスナーにしますか…。
面ファスナーはくっついてほしくないところにもくっつくので苦手でしたが、いざ自分が作る方になってみると、便利なことこの上ないですね。
まあこちらも縫いつけるのはへたくそなのですがね…。

それか、ふちどりとは揃いませんので完成度は落ちますが、別にひもを用意するとか、スナップをつけるとか、でしょうか。

そうそう、できあがりはこんなふうです↓



近寄ると、大変なことになっています。



「嘆かわしい…」という声が聞こえてきそうです。
まあまあ、できあがっただけでよしとしてくださいな。

ベビ次郎に着せてみたところ、とにかく入ったのでほっと一安心。
まあまあそれでよしといたしましょう。



ひもをちょうちょ結びにしただけでは、すぐにほどけてきてしまいますし、ベビ次郎もほどいてしまいますので、さらに片結び(というのかな?子どもの頃は“かっちゃむすび”と言っていました)にするとよさそうです。
これ、スニーカーのひもがほどけるの防止にも使っています。


Clip to Evernote

おはようございます、megosuriです。
おいでくださり、ありがとうございます。

夕べのステッチタイムは、『クリスマスレッドのタペストリー』の続きを。
「CHRISTMAS」のアンダーラインと、その右のトリ、雪まで終わっていました。
そこで、今度は左側のトリと雪をステッチ。

続いて、その下のリースにとりかかりました。
リースまで仕上げたいな、と思っていたのですが、リースの上部についている、リボンのところまでとなりました。

というのも、上の娘・ベビ太が風邪で鼻が気になるのか寝つきが悪く、やっと私の時間~♪と思ったら、今度は下のベビ次郎が小刻みに起き…。
寒いからなのでしょうかね…。

かく言う私も風邪で喉が痛いです。
みなさんもお気をつけくださいね。



☆「ステッチイデー vol.18」より、FILOSOFIさんの『クリスマスレッドのタペストリー』☆

早くいろんなモチーフもステッチしてみたいものです。

今日のおまけ。
近くにある大きな公園へ行きました。
ここには、たくさんの金木犀の木があります。





あああ~いい香り。




おはようございます、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。

私はフィギュアスケートのシングルを見るのが大好きなので、昨日はグランプリシリーズのスケートカナダをテレビ観戦していました。

昨日は男女ショートプログラム。
日本からは、男子は織田、羽生、無良の3選手、女子は鈴木選手が出場していました。
私はこの4選手も好きですが、海外勢ですと、今回出ていた中では、パトリック・チャン選手やリプニツカヤ選手が好きなんですね。
上の娘・ベビ太はガオ選手が好きです^^

それで、選手にはそれぞれの特長ある技というものがあると思うのですが、それが出ると「キターーーー」という感じで、盛り上がります(私の中で)。

「水戸黄門」で言うと、印籠が出て、「えええーっ、あの水戸の?!」とみんなが驚き、ひれふすお約束のシーン。
「浅見光彦シリーズ」で言えば、「ええ~っ、あの国会質問の答弁などをなさっている警察庁の浅見陽一郎刑事局長の弟君~?!」とあわてふためく、というようなシーンみたいなものですね。

それで、昨日見た中で、一番「キターーーー」と思ったのは、リプニツカヤ選手の『キャンドルスピン』。

足を背中側に上げた状態がチューリップみたいな丸みを帯びた形をしている『ビールマンスピン』。
このスピンが美しい選手もいますが(それだってものすごいことですが)、リプニツカヤ選手の『キャンドルスピン』はすごい!!
足が身体にぴったりついて上がっていて、一本のキャンドルのように見えるんですよ!
すごいものを見た!という感動がありました。

と、興奮気味で申し訳ありません。
スケートの話はこのくらいにして、夕べのステッチタイムについて。

以前楽天市場内のクロスステッチ館というお店で刺繍糸などを購入した際、おまけでクロスステッチのできる、携帯ストラップが入っていました。

夕べは、これに数字のクロスステッチをしました。
なぜ数字にしたかというと、電話=電話番号=数字 という連想をしたからです。
というのと、細いものなので、大きなステッチはできないというのもあります。

図案は、「クロスステッチの基礎BOOK」より、田中亜紀子さんがデザインされたものを使用しました。



本のなかでは『数字のティーコゼー&コースター』を作られています。
数字は他にもいくつか図案が載っていたのですが、こちらは数字の真ん中部分が厚みがあって、端の方のエッジが効いているところがかわいくて、こちらを選びました。

余談ですがこの本、素敵な図案がいろいろ載っていて、それでいて「基礎BOOK」なので、どんどん活用できたらいいなあと思っています。

そして糸は、クロスステッチ館で50%オフで購入した、DMCの25番段染め刺繍糸17色福袋を使ってみたい、と思い、クリスマスレッドということで115番を選び、「1 2 3 4」とステッチ。

反対側はどうしよう…と考え、こちらは以前近くの手芸店で、「うわ、おいしそうな色~」と思って買った、OLYMPUSの735番で「5 4 3 2」とステッチしてみました。







最初はクリスマスレッド…と思っていましたが、組み合わせると、ベリーとマロンクリームの組み合わせでケーキみたいですね。

ってこの人は「おいしそう」か「かわいい」しか言わない人だね~と突っ込む声が聞こえましたよ!!
まあ、それは当たっています。
シンプルながら、ちょっとない雰囲気のストラップにしあがったのではないでしょうか?(と自画自賛…)

このストラップは、友人にちょっとしたプレゼントとして渡すつもりです。
喜んでくれるでしょうか。


Clip to Evernote

↑このページのトップヘ