ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2013年07月

おはようございます、megosuriです。
お読みいただき、ありがとうございます。

昨日作り始めたRickRackの『ニットカーディガン』の続き。
まず衿つけです。
裁断したものを身頃に沿わせてピンチでとめ、縫い合わせます。



次に、前立てをつけます。
左側の前立ての長さが身頃より短く、接着芯も貼っているので伸びず、裾が2cm、身頃だけになってしまいました…。
裾は後で2cm折って始末することになっているので、まあいいでしょう(よくない?)。



そして、裾と袖口の始末をします。



なんかもうこれでいいんじゃない?という思いがチラッと頭をよぎりましたが、いやいや、やっぱりボタンがあった方が、カットソーっぽくも着られるし、何かといいし、娘もボタンがかけられるようになったんだし…と気を取り直して、テキストを読んでみます。

ふつうは「ボタンホールをあけます」「ボタンをつけます」くらいしか書いてなさそうなのですが、RickRackは違いました!
親切に丁寧に、注意点などポイントが書かれています。

さらにミシンの取扱説明書のボタンホールのところを読み直すと…押さえ金と一緒に使うアンダープレートの使い方がこれまで間違っていたことに気がつきました。
送りにくい布を押さえ金とアンダープレートの間に挟まなければならなかったんですね。
アンダープレートのアンダーに布を入れていました。

まずはハギレで練習。
うまくいきましたので、次は本番。

一つ目↓



あっ、テキストに、首元は目立つから、裾からやった方が、慣れてきてよい、と書いてあったのに、首元から始めてしまいました。
しかも曲がってる…。
続けてあと3つボタンホールを作りました。

ボタンのみで穴を開けます。



リッパーで、と書いてあることが多いですが、私はそれでは失敗しそう。
ボタンのみは私には必需品です。

あっ、ピケは先につけないといけないんですね。
穴を開けてからだと思っていました。

そして、ボタンをつけます。
ボタンの付け方についても、テキストに詳しく書いてあります。
RickRackのテキストは本当に親切です。
できあがり↓



パターン: RickRack ニットカーディガン 布:RickRack スタンダード天竺 ポピーレッド
ボタン:RickRack 木のボタン 1.5cm


保育園に着ていくかもしれないので、後ろ側にお名前テープをつけておきました。



赤いミニョンワンピースに羽織ったり↓



デニムに合わせてもよさそう↓



思ったより簡単にできました。


Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんばんは。今日もお越しくださいまして、ありがとうございます。

鮮やかな花々が、目に飛び込んできました。



ポーチュラカです。
“サマーローズスター”という大輪の花を咲かせる種類のようですが、月見草のようなぽっかりとした形で、とても可憐でした。
色は暑い夏に負けないような、元気で明るい色ですね。

先日、愛用の無印良品の長袖カーディガンを着た娘に、「こういうのの半袖、作って」と頼まれました。
これは後ほど写真をお見せしますが、薄手で、夏の冷房対策に重宝している、胸のあたりに切り替えのあるカーディガンなのです。

半袖カーディガンって、意外とないですよね。
カーディガンは初挑戦なので、切り替えはなしで探したところ、RickRackに「ニットカーディガン」のパターンがあったので、それを使うことにしました。
このパターンでは長袖と七分袖が作れるようになっていますので、手持ちの杢グレーのカーディガンで袖の長さを合わせて、調節しようと考えたのです。
ちょうどひじ辺りまでの長さが希望とのこと。
うまくできるといいのですが…。
娘の誕生日も近いので、プレゼントにするつもりです。

まず裁断。
ここのところ、型紙から作ることが多かったためか、RickRackの、切ればすぐ使える、縫い代つき&サイズ別の型紙がとてもありがたく感じます。
とはいえ、やはり裁断は一仕事ですね。



後ろ身頃の肩のところにストレッチテープを貼ったら、前身頃と後ろ身頃の肩のところを縫い合わせます。

使っているのはRickRackのスタンダード天竺なのですが、なんだかすごく縫いやすい布です。
裁断のときは、端が丸まっていてちょっとやりにくいかも、と思っていたのですが、縫うのはとても楽です。
新商品らしく、素敵な色ばかりなのですよ。

肩を縫い合わせたところ↓



うーん、還暦のお祝いのちゃんちゃんこみたいですね。
まあ袖がつけば違うでしょう。
そして娘もうまく着こなしてくれるはず…。

肩がついたら袖をつけます。
カーブしているのでうまくつくかな、と心配でしたが、ニットで伸びるからなのか、袖山の合印と袖口を合わせてから少しずつピンチでとめていくと、ぴったりです。

袖を縫い合わせ、次は袖下や脇を縫い合わせます。
これも少しずつピンチでとめていくと、ぴったり。
うまく縫い合わせられました。

手持ちのカーディガンと比べてみると、こんな感じ↓



グレーのカーディガンは100cmなのですが、今回は110cmで作っていますので、単純には比較できませんが、たぶん袖の長さ、大丈夫そうですね。
表に返してみたら、袖山のところが一ヶ所、勝手にギャザー入りになっていました。
ここまでで工程の半分は終わった計算ですが、ここからが前立てや衿つけ、ボタンホールなので、問題はここからかもしれませんね。

Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。

パンダ柄でハンカチやコースターを作りました。
まずハンカチ。





布:(パンダ)カントリーキルトマーケットで購入
  (ストライプ)a+ 「スマホケース 作成キット ソレイアード赤」
 の裏布(ストライプ)のハギレ
  (ドット)これは記憶があやふやなのですが、確かカントリーキルトマーケットで購入したガーゼ
  (裏地)何かのおまけでもらった、家にあったハンドタオル
レース:RickRack ピコレース


レースは、パッチワークしたところの縫い目が落ちていたので、それを隠すためにつけました…。
かわいらしくなったのでちょうどよかったです。

そしてコースター。
ふつうに中表にして縫って、ひっくり返せばいいか、とも思いましたが、「CHECK&STRIPE みんなのてづくり」に『コースター』の作り方が載っていましたので、勉強のためにもそちらを参照して作りました。





接着芯を表布にも裏布にも貼って、縫い合わせるときにずれないように、縫い代をもう一方に入れ込んで、外表で縫い合わせる方法です。
ただ、この、「縫い代を入れ込む」のが難しく、むしろずれてしまいました。
うまくやれたらとてもきれいに仕上がる作り方のように思います。

表↓



裏↓



作り方:「CHECK&STRIPE みんなのてづくり」より『コースター』
布:どちらもカントリーキルトマーケットで購入したもの


ぱりっとしたコースターができました。
これまで作ったパンダちゃん勢揃い~




今日もお読みいただき、ありがとうございました。
お茶でもいかがですか?さあ、どうぞ。







スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お越しくださり、ありがとうございます。

以前作ったグラニーバッグ、持ち手のところを、自分の判断でバイアステープにしたのですが、ぐにゃぐにゃする感じや伸びる感じがあって持ちにくいため(バイアステープなので当然ですよね)、作り直すことにしました。

何を使ったらいいだろう?と手芸店へ向かったところ、運よくグラニーバッグが展示されていました。
見ると結構しっかりした感じのひものようなものを使っています。
お店の人に尋ねたところ、専用のものがあるわけではないが、綾テープを二つ折りにして使うとよい、とおしえてくれました。
お店の人に勧められて買ってきたのはこれ↓



袋から出して触ってみると、見た目よりもやわらかくて持ちやすそうです。
できあがり↓





リバーシブルなので、ひっくり返して↓





バイアステープはぐるっと全部縫わなければなりませんでしたが、綾テープなら、バッグに接している部分のみ縫えばよいのもあり、縫いやすかったです。
また、縫いにくかった脇のV字のところですが、バッグの内側を見ながら縫っていたのを、外側から縫ったところ縫いやすかったです。

いろいろやってみないとわからないものですね。
やわらかくて手触りのよい持ち手になりました。





“寒天パウダー”を使って、オレンジゼリーを作りました。
驚くほど簡単だったので、まだやったことのない方のためにちょっと書いてみますね。

寒天がパウダー状になっていて、スティックシュガーのようなものに入っているものを使ったのですが、このスティック1本を、水200ccと一緒に鍋に入れ、かきまぜながら沸騰させます。

沸騰したら、そのまま1~2分かきまぜ、砂糖40gを入れて溶かします。

火を止め、オレンジジュースを100cc、レモン汁を大さじ1/2杯入れてかきまぜます。

これで型に流し入れ、冷蔵庫へ。

型は、以前お菓子の本の付録でついていた、シリコンの型を初めて使ってみました。
簡単に外れて皿に出せてよかったです。
食事前に作って食事後に出しましたが、結構かたまっていましたよ。
本当はもう少し冷やしていた方がよさそうではありましたが…。

最初は娘に急に作って、と言われ、しぶしぶ(ぶつくさ文句を言いながら)作ったのですが、なんでもやってみるものですね。簡単に楽しく作れておいしかったです。




Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お読みくださいまして、ありがとうございます。

ファスナーポーチを作りました。
参考にしたのはこちらのサイト→aya's cafe

まず、表地・裏地をタテ30×ヨコ23cm用意します。
大きさが心配でしたが、大丈夫でした。
ただ、柄に方向があるので、半分に切って、底で縫い合わせました。



次にマチになる部分をカット。二つ折りにして、ファスナーをつけます。
しつけ糸で縫ってからミシンをかけるととてもやりやすいです。
表地とファスナーを中表にし両端を三角に折り上げてからしつけ。



さらに裏地を中表にしてしつけ。そしてミシン。



縫い終えたらファスナーのキワをコバステッチ。



反対側のファスナーも同様につけます。
ここで私は裏地のつけ方を間違ってしまい、リッパーでほどくことになりましたが、作り方は写真入りで、よく見ながら作れば間違うことはないでしょう。

そしてこちらもコバステッチ。これは少しやりにくいのですが、そのやり方も、丁寧に解説してありました。



全体を広げて、返し口を残して脇を縫います。ここで、ファスナー部分の縫い方がまずかったため、仕上がりが悪くなってしまいました。これはのちほど。
その後、マチを縫います。



表に返し、返し口を閉じてできあがり。









作り方:aya's cafe
布:表、裏ともコットンフィールドにて購入
ファスナー:20cmのもの。クラフトハートトーカイにて購入


かわいいポーチができあがりました。
ただファスナー脇の部分が変になってしまいました。





これは、脇を縫うときのやり方がよくなかったんでしょうね。
かなり厚くなっていて、縫いにくかったのですが、ファスナーを片側に倒したような状態で縫ったのがいけなかったのかも…。
広げて縫うとよかったのかな?

また、マチなしにしなかったので、柄がきれいに出ていません。
でも初めてこのタイプのポーチを作った割には、私にしてはまあいいでしょう、というレベルだと思います。



以前から興味のあった携帯用のミニ扇風機を買いました。
サンプルのスイッチを入れてみると、結構いい風が来ましたので、暑がりの私が迷わずレジへ向かったのは言うまでもありません。

前々から、いったいどんなふうになっているんだろう、ハネはつけ外しするのかな?と疑問に思っていたのですが、こうなっているんですね~
大きなリップクリームみたいです↓



フタを取ると↓



2枚のやわらかいハネがついています。
スイッチをONにすると…



OFFにすると↓



外出先で使うのにいいかなあと思っていたのですが、意外と家の中でもお役立ちです。
というのも、ハイハイを始めたばかりの下の娘は、扇風機がどうも気になるらしく、近寄っていって危ないので、暑いのを堪えて扇風機をとめていたりするのですが、そんなとき、顔にこれをわーっとやると、もう極楽…。
クーラーをつけていても、顔に風が来ないと、どうも暑いんですよね~。
そんな方にはピッタリです。





Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ