ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2013年07月

こんばんは、megosuriです。
お越しいただき、ありがとうございます。

今日はRickRackの子供用のショートパンツを作ることにしました。
生地は娘の大好きな「ピンク色」の「アンパンマン」。
パンツは、ポケットのないタイプならRickRackや、アンの木パターンのものを作ったことがありますが、今回作るショートパンツは、両脇にポケットがあるタイプです。

省略もできますが、勉強のため、テキストどおり、ポケットをつけて作ることにしました。

まず裁断し、ポケットのつく前パンツに補強のためテープを貼ります。



次に、ポケット布にジグザグミシン。
正直、なんのためにジグザグミシンをするのか、というぐらい美しくない仕上がりです…。



脇を縫ったら、ポケットをつけます。
脇の縫い代を利用してつけるポケットなので、すっきりしたデザインとのこと。
テキストどおり、必死でやっていくと、どうにかできました↓



ポケットにかなり時間がかかりました。
裏から見ると、こんな状態です↓



これでパンツ部分はできましたので、次はベルト布です。

このテキストではゴムを3段通すことになっています。
私はこれまで、まっすぐ縫えそうにないのでゴムを入れるスペースがなくなるから怖い、とかめんどくさい、とかいう理由で、「3段」という指示があっても、「1段」や「2段」で対応してきました。
でも今回は「3段」でやってみることに。

「そうだ」と思いついて、2本直線縫いをするところ(布端から1cm、2.5cm)のところに、ペンで数カ所、印をつけてみました。
すると、まっすぐに縫えました(えっ、初心者なのに今までやってなかったの?って感じですね…)!
これならゴムが3本通りそうですよ。



そしてベルト布とパンツのウエスト部分を合わせていきます。
ベルト布を輪にする前に、一度合わせてから縫い合わせたので、各合印ともぴったり。



気分よく縫い合わせることができました。



最後に、私には結構難しいゴム通し。
でも今日は、生地が薄めだからかすんなりできました。



パターン:ママとわたしのショートパンツ 110
布:布もよう それいけ!!アンパンマン ブロード生地 ピンク


本来は、ゴムを通した後、ひもを通して前で結ぶようになっているのですが、ちょうどよいひもがなかったので省略し、前がわかるように、リボンを縫いつけました。
とりあえずリボンがあれば、喜んでくれるのではないかと思います。



後ろ側はこんな感じです↓



ゴムが3段入っていると、ギャザーがきれいで、ちょっと上手に見えますね。見えませんか??
ちょっと海パンっぽい気もしますが、気に入ってくれるだろうか…。


Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
暑い毎日、元気にお過ごしでしょうか。
私はもう暑さにげんなりしていますが、夏の花は元気に咲いていますね。



バーベナは、“ピンクパフェ”が好きですが、単色のバーベナもかわいいですね。
ピンクもかわいいし、真っ赤なバーベナもきれいです。

夕方にはしおれてしまう、芙蓉。
布のような襞のある、大きな花びらが目を引きますね。



娘もですが、私ももうすぐ誕生日。
私のことなんかはみんな忘れていますが、妹からなんと私の分もプレゼントが届きました。



年はとっても「おめでとう!」と言ってもらえるのはやはりうれしいものです。
開けてみると…





バッグとソーイングボックスです。
バッグは娘に、ソーイングボックスは私に、とのこと。
実を言いますと、私はきちんとしたソーイングボックスはまだ持っておらず、積み木の空き箱↓



を、しかも本体とふたとに分けて、片方を裁縫道具、もう片方をミシン糸や針を入れる箱として使っていたのです。



でもちょっと高さが深くて使いにくいのと、ふたをせずに置いてあるため、下のハイハイを始めた娘が触るようになってきて危ないのもあり、そろそろふたが閉まる、きちんとしたソーイングボックスがほしいなあ、と思っていたところだったのです。
本当にいいタイミングでした。



さっそく裁縫道具を入れてみました。



上の浅い皿を取ると↓



ふたの内側にピンクッションがついてはいますが、これはそのままで。
ふわふわしていてかわいいですね。

ふたがマグネットで閉まるようになっていて、持ち手もついていて、でも下に下ろせる持ち手なので、持ち運びにも収納にも便利。



棚にもぴったり収まって、ぴったりすぎて下の娘は触ったり取り出したりしにくくなったようでもあり、よかったです。
コンパクトなソーイングボックスなので、いつも使うものだけを入れるようにしたら、ちょうどいい大きさで、かえって使いやすいです。
入りきれなかったものは、別に無印良品のPPケースに入れると見やすくていい感じ↓



ごちゃごちゃしていたのがすっきりしました。





Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。

昨夜はa+のキットでガーゼケットを作りました。
ナチュラルでやわらかな色合いが素敵な“モカブラウン”。
キットの中身はこんな感じ↓



パッチパイピングするガーゼは多めに入っていますので、ハギレの使い道もいろいろありそうですね。
とてもオススメなキットです。

まずケットがほつれにくくなるよう、ぐるっとジグザグミシン。
その後、パッチ→パイピングをしていきます。
布をどう並べるか考えるのが楽しいんですよ。
できました!


a+ 水玉6重ガーゼケット モカブラウン 茶色系女の子 作成キット

今回イチオシの柄は、ネコ柄と馬柄かな。







モカブラウンの裏側は、オフホワイトにモカブラウンの水玉です。
こちら側もかわいいですね。



大人がかけて寝るには少し小さめですが、暑いときにお腹にちょっとのせたり、昼寝のときなどによさそうです。
軽くてかわいいので、赤ちゃんやこどもにも。
ふわふわやわらかくて、見た目もかわいらしくて、ついついすりすりしたくなる、ガーゼケットです。


Clip to Evernote

こんばんは、megosuriです。
おいでいただき、ありがとうございます。

RickRack『パフスリーブTシャツ』の続き。
昨日、袖にギャザーを寄せるために、手縫いで並縫いをしたところで終わっていました。
今日は身頃に袖をつけていきます。

合印をつけているので、それにぴったり合うように、ギャザーを調整し、ミシンで縫いつけます。
ニットなので、少々ずれていても引っ張るとぴったり合うのでいいですね。



それが終わったら、袖から脇を縫っていきます。



その後、袖口にパイピング布を合わせます。
袖口にもギャザーを寄せますので、こちらもギャザーを調整し、ミシンで縫いつけます。

縫いつけた後は、バイアステープをつけるように、袖をくるんで縫います。
この長さでくるめるかな?と心配になりましたが、そこはニットなので、ちょっと引っ張って縫いつけたら、それらしくなりました。



左袖↓



右袖↓



同様に、衿も処理します。
こんなふうになりました↓



袖口も衿ぐりも、縫い線はふらふらふらふらしていますが、縫い目もそれほど落ちておらず(裏側は少し落ちてます)、私にしては上出来。
最後に裾の始末をしてできあがりです↓



パターン:RickRack パフスリーブTシャツ 110
布:RickRack フラワリー・ライトブルー


あれっ、衿ぐりのところ、ストレッチテープが見えてしまっていますね。
でも、思ったより簡単にできました。
そして楽しんで作れました。
とても丁寧な解説のテキストのおかげですね。
フラワリーの生地も、とてもオシャレです。

デニムに合わせてもかわいいですし↓



やわらかいベージュのニットパンツにも↓



裾のところにお名前テープも縫いつけました。



ニットカーディガン同様、こちらも自分用の型紙を買ってあるので、作ってみようかな。
大人用は腕が太く見えないように、工夫されているそうですよ。



Clip to Evernote

こんばんは、megosuriです。
今日もお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

朝、庭を見ると、イチゴに赤い実がついていました。



宝石のような赤いイチゴ。
イチゴを収穫するのも食するのも上の娘の役目。
うれしそうに食べていました。

そして今日は、ひょろひょろの朝顔にも花が一輪。この暑い中、よくがんばってくれています。



外出先ではあちこちでヒマワリが咲いているのを見かけました。



また、夏の花といえば槿(ムクゲ)。
名前からすると、毛むくじゃらな感じですが、実際はとてもはかなげな花ですね。



いろんな色や、八重や一重など、たくさんのバリエーションのムクゲを見かけます。
私は真っ白な一重のムクゲが一番好きかな。

さて今夜のソーイングタイムは、RickRackで『ニットカーディガン』とともに購入した、『パフスリーブTシャツ』を娘のもう一つのバースデープレゼントとして作ることにしました。

このパターンは、おまけでスカート部分の型紙もあって、半袖のワンピースも作れる、とてもお得感のあるパターンなのです。
大人用も販売しているので、自分の分も買いました。

Tシャツ部分はニットのみですが、スカート部分はコットンやリネンなどでも作れるので、いろいろ楽しめそう。
ノースリーブのワンピースもかわいいですが、私としては、半袖ワンピースの方が、一枚でも安心して着られて好きなので、購入してみました。
このパターンは、大人用と子供用で、単純に大きさを変えているのではないとのことで、サイトにはこう書いてあります。

子ども用はふんわりとしたパフスリーブを特徴としているのでかわいらしく見せるために、
袖のふくらみ具合を大きめにして丈を短くすることで
バランスをとっています。
大人用の場合には「腕が太く見えない」ことを
いちばん意識しました。
シャープなラインではなく、甘いデザインの中にも
腕の太さが強調されないよう、ふくらみを押さえ
袖丈を長めにしてバランスをとりました。

こんなふうに、丁寧に作られたパターンなのですね。作るのが楽しみです。

娘用の生地は、RickRackのサイトでもサンプルとして出ている、『フラワリー』のライトブルーを選びました。
やわらかくて、柄のところもガサガサせず、また、私の好きな褪せた感じの水色に、少し大人っぽい花柄がおしゃれな布です。

まず裁断をします。
110を作る場合、布は50cmあれば足りますので、裁断はものすごく大変、というわけではありませんね。
端も丸まらず、とても扱いやすい生地です。



その後、テキストの指示に従い、後ろ身頃の肩のところにストレッチテープを貼ります。
テキストには前と後ろ身頃の衿部分にも、伸びやすいので貼ってもよいようなことが書かれていたので、安心のために貼ります。

そして肩部分を縫い合わせます。
袖にはギャザーを寄せますが、またまたRickRackさんはとても丁寧な解説。

これまでソーイング本で、「粗めのミシン」としか書いていないため、自己流でやっていましたが、ミシンでやる場合と手縫いでやる場合の両方について記載されており、内容も細かく、どれくらいの縫い目でやればいいのかまで書かれています。

私の場合、ミシンでやると、糸が切れやすい(テキストにもそう書かれていました)ので、手縫いでギャザーを寄せることにしました。
手縫いは少し時間がかかるので、今日はここまで。


Clip to Evernote

↑このページのトップヘ