ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2013年06月

こんにちは、megosuriです。

残り少ないマカロン柄の布のハギレで、ティッシュケースを作りました。
この生地、娘だけでなく、私も大のお気に入りなんです。

表側↓



裏側↓



かわいくておいしそうなティッシュケースができあがりました。

続けて今度はダブルガーゼのハンカチ。
a+というお店のキットを使いました。
5枚ハンカチが作れるキットで、布だけでなく、タグも入っています。



反対側↓



組み合わせはこんなふうにしました↓


a+ 『Wガーゼハンカチ 作成キット 柄おまかせ 5枚set 女の子柄』

今回は、マカロン柄が一番のヒットです。

最後に手元のハギレをつなげてみました↓



これは娘の保育園用のタオルにしようかなと考えています。




Clip to Evernote

こんにちは。
お読みいただき、ありがとうございます。

接着芯を貼り忘れて作り直したポケットショルダーでしたが、気泡が入ったような状態がどうにも気になり、さらに作り直しをすることにしました。
今度は接着芯を貼る表布のリネンが平らになるところまで戻して、薄地用の接着芯を貼ることに↓



そして、手順通り、Dカンとループを縫い付けます。



ループは厚みがあるので、これまで縫いにくいなあ、という印象を持っていましたが、接着芯を貼ったためか、糸が抜けているのかと思うくらい、すいすいとミシンが進み、びっくりしました。

そういえば、接着芯は、薄地をしゃんとさせる他に、縫いやすくする働きもあるようなことを、基本の本に書いてあったような…。
確かにその通りですね。

脇や底を縫い、隠しマチを作って、リバティの内布と合わせ完成。



何も貼らないよりしゃんとしています。
それに、中厚地用だとゴワゴワしていたのが、しなやかだけどしゃんとしている感じになりました。
生地に合った接着芯選びが大切なんですね。
中も見やすいです。



それから久しぶりに娘からリクエストがありました。
この生地でズボンを作ってほしいとのこと↓



そこで何度か作っているRickRackの「七分丈パンツ」のパターンを使って作ることにしました。
ただ、生地の残りはギリギリ。
左右の丈の長さが少し違う状態になりそうでしたので、裾を縫う段階で合わせました。

作り方ではウエストと裾は二つ折り、また、ウエストはゴムと一緒に縫っていくのですが、私の腕や仕上がりのきれいさを考えて、どちらも三つ折りにして縫い、ウエストのゴムはその後通すやり方にしました。

あとはゴムを通すだけのところまで↓



かわいい柄ですが、パンツにするとちょっとおじさんのパンツっぽい?!ような…

最後に私にとっては難関のゴム通し。
一旦縫い止めましたが、途中でゴムがひっくり返っていることに気がつき、やり直し。
ゴムの縫い止めは、「N」字にしようとするから大変なんだと思い、今回は2箇所直線縫いするだけにしました。



前がわかりやすいように、ピンクの小さなリボンを縫いつけました。



パターン:RickRack 七分丈パンツ
布:YUWA のプチマカロン柄 ダークブラウン
リボン:近くの手芸店で購入


この七分丈パンツは、型紙が1枚の、究極にシンプルなパターンです。
布も大きくなかったので、大助かりでした。
朝になって、これを見た娘、すぐに履いてくれました。



なぜか“気をつけ”をしています。




Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。

私は基本運動が苦手で、スポーツもあまり関心がない方だと思いますが、例外もあります。
それがフィギュアスケート(シングル)と大相撲、箱根駅伝、高校野球です。
と言っても、特に詳しいわけではなく、ただミーハー的に楽しんでいるだけなので、そのつもりでお読みくださいね。

他のスポーツでは、選手だけでいえば、
・イチロー(ストイックで頭がよくておしゃれなのがいいですね~)
・田中将大投手(高校野球で見て。先日eテレの「ピタゴラスイッチ」という番組で、『アルゴリズム体操』をはにかみながらやってました。話がそれますが、アルゴリズム体操には結構いろんな有名な人が出ていますね)、
・斎藤佑樹投手(こちらも高校野球つながりで)
・長嶋さん(もう選手じゃないですが。あのおおらかな感じが好き)
・水泳の北島康介選手(ウチでは勝手に康ちゃんと呼んでいます)
・柔道のヤワラちゃん(引退しちゃって残念でした)
が好きですが、そのスポーツ自体には全く詳しくありません。

自分でやるなら、球技が好きでした(学生の頃)。
バスケットや卓球、ドッジボール(いつの話だー、という感じですね)などですね。

今日は7月7日から7月場所が始まる、大相撲について、ちょっと書きたいと思います。
私の実家は、大相撲中継を必ず見るような家だったため、私も自然と相撲を見るようになりました。
私自身はしばらく見ない時期もありましたが、また見るようになりました。

相撲が好きという人は、なかなかまわりにいないのですが、相撲っていいんですよ。
まず、一つの取組が短いので、たくさんの取組が見られる。またはたくさん見なくてもお目当ての取組だけ見られる。
1分経過しても、「長い取組になりました」と解説されるようなスポーツですからね。
他のスポーツだとこうはいきません。

それから、大きい力士が勝つとは限らないこと。
いろんな技があること。

大相撲中継に出てくる解説の親方にもいろいろいて、また、正面の解説と、向正面の解説と、二人出てくるのですが、その組み合わせも楽しめること。
たぶん最強の組み合わせは、北の富士さんと舞の海さんではないでしょうか。
NHKもそう思っているフシがありますね。
初日と千秋楽は、いつもこの組み合わせですから。

取組前に化粧回しでみんなで出てくるのもおもしろいし、大きい力士が山ほど土俵に上がると、一斉に手をちょいと上げる動作をするのもおもしろいです。

いろんな記録もあって、それもおもしろい。
とにかく見てない方はぜひ!ご覧くださいな。

ひいきの力士ですが、どうしてもベテラン力士を応援してしまいます。
引退してしまった魁皇、一度九州場所で初の優勝をするのではないかというときがあったり、千秋楽で勝ち越せるかどうかや、勝ち星の積み重ねにドキドキしたりハラハラしたりと楽しませてもらいました。
今でも、解説に名前が出ていると、見てしまいます。
引退直後に鶴瓶のなんとかいう番組に出たのを、嬉々として見たのを覚えています。

現役の力士だと、旭天鵬。
まさかの最年長での優勝、そして次の場所はずっと勝てずに千秋楽で一勝し涙、どちらも感動しました。
一勝したとき、花道の奥で、小さな子どもが、「よかったね」と声をかけていたことや、本人が、「優勝したときよりもうれしい」(だったかな?)と言っていたのも印象的でした。
その後は実力通り、調子もよくて、もうずっと応援してますよ~。
魁皇にも「まだまだいける」と言われたそうですしね。

あと応援しているのは、時天空、安美錦、豊の島、若の里、琴欧州、鶴竜などです。
白鵬も好きです。
日馬富士にもがんばって、長く横綱でいてほしいですね。

それから、番付表を見ると、蒼国来が幕内にいますね。
八百長疑惑をかけられ、やってないと言ってがんばり、復帰した蒼国来。
ブランクもあって、なかなか大変だと思いますが、がんばってほしいものです。

あとは、松鳳山や妙義龍、豪栄道らが活躍してくれるとおもしろい場所になりそうですね~。

Clip to Evernote

こんばんは、megosuriです。
昼間鮮やかなフューシャピンクのオシロイバナが咲いているのを見かけました。



昨日作ったポケットショルダーのふにゃふにゃ具合がやはり気になるので、ほどいて接着芯を貼ることにしました。

表布のリネンの裏に貼るのですが、薄地用と中厚地用と迷い、中厚地用に。
すべてほどいて…と思っていましたが、2工程戻したところでつけられそうだったので、そこでつけました。
かなりしっかりしました。



でも、気泡のようなものが入ってしまい、アイロンで押さえたら少しマシになりましたが、完全には取れず…。



やはり全部ほどいてから接着した方がよかったかな…それとも薄地用の接着芯を使った方がよかったのでしょうか…。
どうするか少し考えてみたいと思います。

さて出不精の私にはめずらしく、200店あまりのハンドメイド品が出品されるというイベントに行ってきました。
愛用のバッグを作った作家さんにチラシをいただいたので、思い切って出かけてみました。
会場はすごい人、人…。雑貨、雑貨。お店、お店…。



場内図を確認し、まずは目指すブースへ。
すぐにその作家さんと目が合い、お忙しいのに、相手をしてくださいました。
ほしいものがいっぱいで、迷いに迷って(いつまでもウロウロしててすみませんでした)、さらっ、ざらっとした手触りのラップスカートと、刺繍と革使いのカメラ柄がかわいいポーチを購入しました。



私ったら写真を撮るまで、購入したのが同布のものだと気がついていませんでした!
本当に気に入ったんだな…。
買ってよかったです。
ポーチのファスナーを引くところ(何というのでしょう)は、ハイヒールになっています。



内布もとってもかわいかったです。

同じカメラ柄で、厚みのないトートバッグと、愛用しているバッグと同じ形のバッグもあり、ほしいなあと思ったのですが、最近少しは節約しないと、と思っているので買いませんでした。
でもやっぱりほしかったな…。もう売れちゃったかな。

スカートはサイズが心配でしたが、ラップスカートだし、と思って購入したのですが、帰宅して試着したところ、ラップできず、生地がほとんど合わさりませんでした。
が、内側に、ずれてこないようについているホックは楽にはまりました!
デニムの上からでいいので、着てもいいですよね?
思ったとおり、とてもかわいいスカートでした。

そして、会場ではお菓子も売っていました。
自分のおやつと、上の娘へのおみやげに↓



場内には他にもたくさんのハンドメイド品のショップがあり、とても刺激を受けました。
もっと自由に作っていいんだ、と感じました。
自由にやってるんですがね。
でも、こんなのがほしいな、と思ったときに、自分の好みの生地を組み合わせて自由に作れるよう、一通りいろいろ作っていきたいと、改めて思いました。

たくさんのハンドメイド品を見ましたが、やはり誘ってくださった作家さんの作品が一番好きだなあと思いました。
行ってよかった。また次回も行きたいです。

イベントの帰りに、以前から行ってみたかった喫茶店に寄り道をしました。
洋風の庭のある一軒家の喫茶店です。
お店の前にあるベンチに、年配のご夫婦が腰かけて、庭を眺めていらしたので、お客さんかな?と思ったら、それがお店の方でした。
厚切りのバタートーストと、クリームたっぷりのウインナーコーヒーがとてもおいしかったです。
ご夫婦も温かなお人柄のようで、とても素敵なお店でした。
また来ます、と言って、お店を後にしました。
いいお出かけでした。




Clip to Evernote

こんばんは、megosuriです。

ラミネートの生地で作ったことのある「アンの木パターン」の『ポケットショルダーS』を布帛で作りました。





パターン:アンの木パターン 「ラミネート生地で作るポケットショルダー Sサイズ」の裏地おまけ
布:表 RickRack ヨーロッパリネン-和- もなか
裏 リバティ・エミリー
ショルダー持ち手:手作り工房 MY mama ショルダー持ち手 バニラ


「作り方」では、口のところにスナップボタンをつけることになっているのですが、うまくつけられなかったので、これまでに作ったポケットショルダーは、何もつけずに使っていました。
でもそれでは形が整わず、中身が飛び出しそうなので、手縫いでつけられるスナップボタンをつけていました。
今日作ったものにもつけました↓



布帛は裏地がいろいろ楽しめるので、また作りたいです。
ああー、大変大変、忘れていました!
布帛で作るときは、ふにゃふにゃすぎるとものが取り出しにくそうなので、接着芯をつけようと思っていたのに!!
次、忘れないようにします。


Clip to Evernote

↑このページのトップヘ