ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2013年05月

こんにちは、megosuriです。

RickRackの作り方テキストと布がセットになったバッグをいくつか作ってみることにしました。


麻デニム チェック大 でつくるたて長トートのセット・ベージュ


布と持ち手のコットンテープ、タグ1枚がテキストと一緒に入ったセットです。
脇を縫って、口を縫って、コットンテープをつけて。
中にポケットもつけてみようと思い、余り布で適当にポケットもつけました。



ただ、タグをつけるタイミングが悪く、手縫いになってしまったのが反省点。
でもまあ簡単にできたので、うれしくなりました。

次は「たて長bagのキット」。
ギンガムツイードの布とタグ、それにテキストがセットになっています。
色はパセリグリーンにしました。
布の柄がチェックになっていて、それに合わせて作っていく方法を取っているので、とても作りやすかったです。
持ち手もこうやって作るのか、と勉強になりました。
でもまたもやタグは手縫いになってしまいました。
どうしてタグを縫いつけるのを忘れてしまうんでしょう。



こちらは布が余らなかったので、後日同じ布を買い足し、袋口を一度ほどいて、ポケットを縫い込みました。



最後に「麻デニム チェック大 でつくるマチ付きトートのセット」。
色はベージュにしました。
布と、コットンテープ、タグ、テキストがセットになっています。
持ち手のコットンテープがバッグをぐるっと囲んでいるこのタイプのバッグはよく見ますが、こうやって作るのか…と思いながら作成。



外側にも内側にも余り布でポケットをつけました。
今回のタグもかわいいですよね。



どれも説明がわかりやすくて、スムーズに作ることができました。
3つのレシピで、基本的なバッグの作り方が学べてよかったです。

Clip to Evernote

こんばんは、megosuriです。
お読みいただき、ありがとうございます。

今日は、ミシンで初めて作ったものについて、書きたいと思います。
初めて作ったのは、ミシンに付録として入っていたレシピと布で作った巾着袋です。
フットコントローラーなどの付属品を入れるための袋で、練習と実用を兼ねて、ということのようでした。

まずは、ボビンに下糸を巻くところから。
上糸をミシンにかけようとして、いきなりつまずきました。

糸はどこからどうやって外すの?

ミシン糸をぐるぐる回しながら目を凝らし、糸が斜めに上がっているところを発見。その部分にかぶさっている、商品名の記載されているシールを剥がして糸を引き出しました。

糸立てに糸を立て、糸を通してボビンをセットしふと見ると、ミシンのディスプレイに「下糸巻き」(だったかな?)と表示が出ています。

どうして私のしようとしていることがわかったんだろうと思いつつ、フットコントローラーを踏むと、あっという間に糸がボビンに巻かれていき、終了の合図の音が鳴りました。
すごいですね。

最初に生地の端にジグザグミシンをかけます。と、生地がジグザグの網の中に取り込まれていきます。
どうにか布を引っ張り、踏ん張って、ジグザグミシン終了。

そのあとは、直線なので、ミシンやってるぞー、という気分をやっと味わうことができました。
脇を縫い、口を縫ってひもを通します。

と、ひもの通し方がわからない!
よく、両手ですっと引っ張ると口がキューっと締まりますよね。あれってそういえばどういう仕組みなんだろう?
レシピには「ひもを通します」としか書いてありません。

考えた末、2本を一緒に通し、両側から締めてみました。
これだと、片方にはひもの結び目がありますが、もう片方にはありません。

何かが違うと思いながらも、とりあえず記念すべき初めての作品ができあがりました。





ミシンにはもう一つ付録がありました。
薄いピンク地に花柄の布で、弁当袋やコップ袋等をつくるものです。

付録のレシピは、初心者にはそれほど親切ではないと、ひもの一件で身にしみたので、RickRackという親切そうなお店で型紙とレシピを購入することにしました。

ちょうど「入園入学セット【2】ランチセット」という、弁当袋・コップ袋・ランチョンマットの型紙セットを販売していました。
ミシンの付録のレシピとは全く違い、作り方がとてもわかりやすく、ひもの通し方も丁寧に書いてありました。

ただやはりジグザグ縫いがうまくいきません。

これは、後日思いついて、糸と針を薄地用に変えたら解決!
ミシンの初心者用付録は薄地じゃなくて、普通地にしてほしいものです。
それから、ミシンの付録なので、何番の縫い方で縫ったらいいのかも記載しておいてほしいものです(負け犬の遠吠え状態ですね…)。

RickRackのレシピには、布を切り替える場合の作り方も載っていましたが、まずはと思い、切り替えなしでいくつか作ってみました。



右の花柄布がミシンの付録の布、真ん中はRickRackで購入したシトラス柄の布、左は手芸店で購入したアンパンマン柄の布です。

アンパンマンは、コップ袋(写真の下側の巾着袋です)を先に作ったのですが、裁断は何も考えずに、端から切ってしまい、できあがってから、キャラクターの頭がみんな脇で切れていることに気がつき、娘は「アンパンマン…」と言いながら、袋の脇を覗き込んでアンパンマンの見えるはずのない頭を探していて、「ああ、これが柄合わせか…」と思い至りました。
それで弁当袋を作るときは、柄を意識しながら作りました。

私の好きな布ナプキンのcandyさんのナプキンは、いつも布のかわいい柄がバシッと真ん中に来ています。
それってプロの仕事だったんだなあと気がつきました。

他に星柄でも作ってみました。



パジャマのズボンのひもを活用してソフトクリーム柄の布でも。



作るにつれ、少しうまくできるようになったかなあと思います。
こういう、少しずつの上達がうれしくて楽しいですよね。



Clip to Evernote

こんばんは、megosuriです。

今日は本当に久しぶりに東京・吉祥寺のキャトルセゾンに立ち寄りました。
開店直後で、いつも混み合っている店内に人の姿はなく、ゆっくりと見ることができました。
キャトルセゾンでは、キッチンクロスやバッグ、絵はがきなどをよく見るのですが、今日はsu-su-suのワンピースに目が留まりました。

首元に深く切り込みの入った濃紺のワンピースで、ウエストの両側に大きなポケットがついています。
ゆったりとしたデザインで、いかにも上質な、大人のリラックスウェア、といった感じでした。
ところが私が試着すると、うーん、という感じで、購入には至りませんでした。
私の体型は、かなり服を選びますのでね…でも素敵な服でしたよ。
着たかったな…作って着てみたいな、あんな服…。

でも一つ大好きな柄のバッグが買えました。
これはキャトルセゾンのオリジナル柄ではないかと思うのですが、フランスっぽくて、グリーンが大好きな私にはたまらない柄なんです。



他にこの柄で、キッチンクロス、エプロン、クーラーバッグ(というのでしょうか、内側に銀色のコーティングのようなものが貼ってあるお弁当入れ。雑誌の付録になっているのを知り、その雑誌を取り寄せました)を持っています。
この布、ほしいです。スカートやワンピースなんかにしたらかわいいですよね。

そして次に、目と鼻の先にあるCOTTONFIELD(コットンフィールド)へ。
ここにはずっと昔、一度だけ入ったことがありました。

そのときの印象は、私がまだソーイングに全く興味がなかったからかもしれませんが、暗くて、布がうず高く積まれている、玄人好みの店、というものでしたが(お店の人にも「失礼ですが」と前置きしてそう話しかけたところ、「ここ数年で取り扱い商品もずいぶん変わったんですよー、USAコットンとか」とおっしゃっていました)、今日行ってみると、広くて明るくて、布が見やすく置いてあって、もう、わあーすごーーい!という感じでした(この感動、伝わるでしょうか)。

1階と2階があって、1階には布という布が丸く巻かれて、ジャンル別に一つずつ置いてあり、見やすく取り出しやすく並んでいます。

私の大好きなイチゴやりんごなどのフルーツ柄やカップケーキ柄、マカロン柄などおいしそうな柄の布いろいろ、かわいい柄の布や、チェック、ドット、レースのついた布やスカラップのもの、USAコットン…奥にはカットクロスも。

レジは、布をカットできるような大きな台の奥にあり、台はおそらく木で、白っぽく塗られ、お店の人が布を切ってくれる鋏(ハサミ、と書きたくない感じ)は鈍い金色でした。

レジの横の方には、入園グッズ用の布やお名前シール、糸や道具など、レジの側面には作り方と生地がセットになったキットが置いてありました。

2階はインテリアファブリックのコーナーのようで、1階よりもさらにゆったりとした配置になっています。

こちらの店員さんは、黒い半袖のシンプルな飾りのないワンピースを着て、首からメジャーを下げた、経験を積んだオートクチュールの人、という雰囲気の方ばかりでした。

カーテンや椅子の張り替えもできるようで、ヨーロッパっぽい素敵な柄の布がたくさん!
カットクロスも奥の方にありました。

また、レースや口金、バッグの持ち手なんかもあったかな。

全体の雰囲気は、小津安二郎監督の映画「お茶漬けの味」(とてもパリっぽい映画だと思います。パリに行ったことがあるわけではないのですが…)に出てくる、主人公・木暮実千代扮する妙子の友人、アヤ(淡島千景)のお店が広くなったようなお店でした。
ちょうど淡島千景の服も、黒い(といっても白黒なのでわかりませんが)半袖のシンプルなワンピースでした。

ボタンやひもやプラスチックの飾りのようなものは、お店を出て向かいにもう1軒お店があり、そこで取り扱っているようでした(時間がなく、一瞬入っただけ)。

じっくり見たかったのですが、残念ながら、30分ほどしか時間がなく、それでもじっくり検討して、少しだけ布を購入しました。

2階では、ヨーロッパっぽいかわいいカットクロスを数枚。


少し褪せたような水色地に、お皿やカップが並んだ柄の布。


ジョウロやガーデニングブーツの並んだ、ガーデニングエプロンを作ると楽しそうな柄の布。


いろんな鳥の並んだ布。
私は布に限らず、ニワトリものが大好きです。


小鳥柄の布。いくつもある小箱がとてもかわいいです。


鳥柄の2枚とセットで入っていた、水色地に薔薇の柄と、ピンクやグリーンなどのストライプの布。
お店の壁には、ジョウロやガーデニングブーツの並んだ布の上部に、このボーダーの布を少しだけつけて、小さな手提げを作ってディスプレイしてありました。

1階では、カットクロスの中に、以前RickRackで購入し、もっとほしいと思っていたのに、今は取り扱いのなくなった、濃いピンク地にオレンジ色のシトラスが描かれた布を発見。
もう一つ、オレンジ色の花柄のカットクロスも気に入ったので、カットしていないものをお願いして、それぞれ1mずつ購入。
一緒に合わせやすそうなオレンジ色の地にピンクのドットの布も1m購入しました。
シトラスの方は、ずっとほしかった布だったので、もっと買えばよかったかな、とも思いましたが、旅先だったので…。



このシトラス柄と花柄の布のミミには、どちらにも michael miller の文字がありました。
これは布のブランド名でしょうか。
私の好きそうな柄が他にもあるかも…とこれからの楽しみが増えました。

実はソーイングを始めてからこれだけの布を扱っているお店に行ったのは初めてでした。
いつもインターネットで購入していたので、手に取って、布を見られるのは楽しかったです。

うわー、どれから見よう…とワクワクする感じは、山梨の勝沼にある、ぶどうの丘の地下カーブで、ずらりと並んだワインを見たときの気持ちと似ていました(飲んべえなんです)。
これ、全部飲んでいいの?!どれから飲もう!!という感じです。
わかりますでしょうか。

映画で3Dなどというものがありますが、布も3Dでネットショッピング、できないでしょうかね…。


Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。

先日、以前作って家族に好評だったチーズケーキを作りました。
バターと卵と牛乳を混ぜてオーブンで焼くだけの、簡単チーズケーキです。



ハンドミキサーがあればあっという間です。
焼き上がって冷めてから塗るアプリコットジャムが、とてもおいしいです。



我が家では無印良品を愛用していて、パジャマのズボンのウエストには、ゴムではなく、共布のひもが入っています。
このひもはいつも取ってしまうため、なんとなく保管してありました。
また、ふとんカバー類を結んであるひもも、なんとなく取ってありました。
まだソーイングを始める前のことです。

最近になって、巾着袋をいくつか作ることになり、用意していたひもがすぐになくなったとき、このひものコレクションのことを思い出しました。
使ってみると、ぴったり。
それに手作り感があって、結構かわいい!



こちらはパジャマのひもを活用したコップ袋です。
布はRickRackのカットクロス。
かわいいですよね。

まあ、「これはお父さんのパジャマのズボンのひもだったんだよ。かわいいでしょ」と聞かされたときの娘の表情は浮かないものでしたがね。

それで、無造作にしまってあったひもたちは、おおよその色別に分けて、仕切りのある引き出しにしまいました。



別の用途に使っていたものを活用するというのは、発想の転換が苦手な私にとっては、とても新鮮です。


Clip to Evernote

おはようございます、megosuriです。
お越しいただき、ありがとうございます。

エプロンスカート、長くなりました。
もう少しおつきあいくださいね。

肩ひもでストップしたまま(そのときの日記はこちら)、2日ほどを過ごしました。
その間いろいろ考えたのですが、やはり中表の肩ひもを表に返すことは、自分にはできそうにないなと思い、糸をほどき、外表にし、縫い代部分を内側に折り込んで縫いました。
次からも細長いものはこうしようかなと思います。

ようやくできあがった肩ひもと、ベルト布とを胸当てに縫い付け、それとは別に、スカート部分の両脇を縫います。
ここはまあ順調に。こんなふうになりました↓



なんとなく、それらしくなってきましたね。
一時は絶望的な気分でしたが、なんだか希望の光が見えたように思いました。

今度はスカート部分にギャザーを寄せるため、粗めのミシンを2本かけるように、との指示。

「粗めのミシン」とはなんでしょう。
またまたインターネットを駆使し、どうやら縫い目の長さを長めにすることらしいと見当をつけ、初めて長さを調節してみることに。最大にしてぐるっと縫いました。

そして糸を引き、ギャザーを寄せようとしたところ、糸がするすると抜けてしまったのです。
しかも一部抜けたので、思案した挙句、その一部を、縫い目の長さを少し小さくして縫い足し、なんとかギャザーを寄せました。

そうしつつ、ベルト布にスカートをぴったり合わせなければなりません。
これがなかなか私には難しく、苦心して合わせることに成功しました。
本当に服づくりは大変です。

ポケットをつけ、裾の始末をし、あと少し!

最後に、ゴムを後ろにだけ縫い付け、ベルト布でくるむようにし、ぐるっと縫います。
ゴムが入っているため、自然とギャザーが寄ってしまって縫いにくい…
でもどうにか縫い終わり、完成~と思いきや、裏側からベルト布を縫ったのですが、
表からみると、縫い目が落ちまくっています(涙)。



それに、変なギャザーが寄っていて、美しくないにも程があります。



泣く泣く糸をほどき、縫い直すことにしました。本当に役に立つリッパーさんです(「リッパー」、変換ボタンを押したら、「立派ー」と出ました。ホントですね…)。

今度はしつけをし、ゴム部分は布を引っ張ってピンとさせてから縫い、完成!!





やっぱりギャザーが均等に寄っていませんね…まあいいでしょう…
長い道のりでしたが、この私が、これを…と感無量(また涙…)。

翌日娘に試着してもらい、ボタンの位置を決め、本当に完成。
娘は喜んで、それから毎日のように着てくれています。




パターン:「a sunny spot 女の子のまいにちの服」エプロンスカート
布:RickRack ヨーロッパリネン-和- もなか
ボタン: RickRack 木のボタン


ああ、ちょっとおまるが写ってますね…失礼…
いやー完成してよかったです。
ただ…娘「この布でも作って~」



エンドレスです。




Clip to Evernote

↑このページのトップヘ