ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2013年05月

こんばんは、megosuriです。
お越しいただき、ありがとうございます。

以前買って、そのままになっていた、アンの木パターンの、「ラミネート生地で作るポケットショルダー」に取りかかることにしました。
既に生地もショルダーひもも用意してあります。

私はこれが初めてのラミネート生地。
丁寧に解説してあるので、初めてのラミネート生地はアンの木パターンに決めていました。
色は合わせやすいベージュ、柄はなぜか大好きなイカリ柄のRickRackのラミネート生地にしました。



ポケットショルダーの他に、おまけのパターンのティッシュケースも作るつもりです。

今日は裁断だけ済ませることにして、まず型紙をカット。
次に生地の表に型紙を置いて印をつけるも、弾いてつきません。
ラミネートは裏に印をつけないといけないんですね。
ミシンはテフロン押さえを使用するとよいとのこと。
もちろんこの押さえを使うのも初めて。

続きはまた書きますね。


Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんばんは、megosuriです。
いつもお読みくださり、ありがとうございます。

先日りんご柄のチュニックブラウスが、バイアステープ待ちになっていることを書きましたが、ようやく手芸店でバイアステープを購入してきました。

『広巾で使いやすく、アイロンで簡単に接着できます』と書いてある、「ふちどり接着12バイアステープ」というものです↓



ブラウスの首元につけるので、曲線をうまく縫えるか不安で、アイロン接着してからであれば縫いやすいのではないかと思い購入しました。

バイアステープの裏についている紙を剥がし、布を挟んでアイロンをするとよいようです。
曲線にうまくつけられるだろうか、失敗したら、くっついてしまうし大変だ、と心配でしたが、少しずつ挟んではつけ、を繰り返したら、思ったより簡単・きれいにつけられました。



そして、ミシンでも縫い、完成。
前から見たところ↓



後ろ側↓


パターン:a+
布:RickRack りんご


リボンがかわいいですね。
娘は前と後ろを逆にして着そうな気がします。




今日はもう1つ、昨夜熱く語った布ナプキンのcandyさんのライナーを2枚作ってみました。

ところが、肌面のネルに中に入るネル2枚を縫い合わせプリント生地も縫い合わせる、という、慣れた人なら、ものの5分もかからずにできそうなところを、ひどくてこずってしまいました。

最初2枚一緒に縫い合わせたのですが、よく見ると、肌面にネルのきれいな面がきていなかったのと、2枚がずれてはみ出した状態だったため、やり直しました。
2枚まとめてだと、ずれてくる気がして、1枚ずつ縫い合わせてみたのですが、急カーブの連続が意外に難しく、ひどい縫い線が二重に。



これ以上ほどくと、ネルに穴が空いたり、端から糸が出てきそうだったので、あきらめてこれでプリント生地を縫い合わせることに。
ピンチでとめると、ネルが伸びたせいか、不揃いです↓



そして急カーブを必死で縫った結果がこれ↓



慣れもあるに違いないと気を取り直し、2枚めに挑戦。
今度は2枚一緒に肌面に縫いつけました↓



なんかもううねりまくってますね…。
そしてプリント生地縫い合わせ↓



またぴったり合いません。
切り揃えてから、まわりを刺しゅう糸で仕上げようか…。
ミシンの方が速くてきれいで楽だと思っていたのですが、もしかしたら手縫いの方がきれいにできるかもしれませんね。




スポンサーリンク

 

こんばんは、megosuriです。

今日は、リンクにもある、ハンドメイド布ナプキンのcandyさんについて、熱く語りたいと思います。
もし男性で読まれている方がいらっしゃいましたら、少し考えてから読んでくださいね。

みなさんは、布ナプキンを使ったことはありますか?
初めて聞いた方や、面倒くさそうなので使わない、もしかしたら、自分で作ったものを使っている、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

私は、そういうものがあることは知っていましたが、特に市販のナプキンに不満がなかったので、興味もありませんでした。

ところが、やむをえない事情で、毎日ナプキンを使わなければならなくなり、暑い時期にナプキンが脚にベタベタ貼りついてくることに、ストレスを感じるようになりました。
そのとき、もしかしたら布ナプキンならそのストレスを解消することができるのではないか、とひらめきました。

そこで、インターネットで検索をしまくり(便利な時代になったものです)、candyというお店を知りました。
他にもいくつか候補に上がったお店があり、先にそれらのお店の布ナプキンを購入しましたが、かなり高価な割に届いたものは小さくて薄~い感じのものばかりで、これでは安心して使えないな…と感じていました。
そこで、最後にcandyさんの布ナプキンを購入してみたのです。

届いた布ナプキンを見たとき、私は激しく後悔しました。
何をかというと、candyさんで最初に買い物をしなかったことを、です。

candyさんのサイトには、ハンドメイドなので、多少のサイズの誤差、仕上がりにばらつきがある、と書かれています。
ですが、届いたものは、他のもっと大きいお店のものより、ずっときれいで安心できる作りのものだったのです。
それなのに、他のお店のものよりはるかに安く、私は他のお店に使った分も、candyさんで買い物をしたらよかった、と強く思いました。

こちらの布ナプキンのいいところを挙げればキリがないのですが、機能面は、真ん中がふっくらしていて、でもつけると違和感がなく、むしろ気持ちがいい、安心感がある、ずれない、一体型は、市販のナプキンとかわらない形なのでとまどわない、といったところです。

また、店長さんは、常にもっといいものをと研究されていて、最近も新しい形の布ナプキンを考案されて、オーダーを受け付けたり、ショップやブログもかわいい作り、オーダーから発送までの丁寧な作業や、心配りの行き届いたメールでのやりとりなど、本当に素敵な方で、買い物をするとほっと癒されるのです。

布ナプキンは、服と違って似合う似合わないを気にする必要は全くありませんので、本当に好きな柄のものが選べます。
それに服の場合はサイズに選ばれますが、布ナプキンは、自分で用途に合ったサイズを選べます(私には切実です)。

服より小さいわけですから、当然服よりもはるかに安いので、いろいろな柄のものを集める楽しさもあります。
場所も服よりも取りませんよね。
今日はどれにしようかな~と選ぶ楽しさは格別です。
服だと、「なんか最近きつくなったな…」と落ち込むことも多々ありますから(私の場合ですが)…。

candyさんは、100種類以上も布を取り揃えられていて、どれもかわいい柄ばかり、サイズもいろいろ、オプション対応もなさっていて、とても満足のいくお買い物ができるのです(熱すぎて、candy店長さんに引かれそうですね…)!
気がつくと、さまざまなサイズのさまざまな柄のcandyさんの布ナプキンがいっぱい…

とても個人的なものなので、ためらいもあるのですが、きれいに洗濯してありますので、ほんの一部をご紹介しますね。ナプキンで悩んでいらっしゃる方の参考にもなれば、うれしいです。

そうそう、私もそうでしたが、布ナプキンの使用をためらう大きな理由の一つとして、「洗濯」があるかと思いますが、アルカリウォッシュを溶かした水につけおきすれば、問題ないと思います。
布ナプキンで最も手間だと思われる洗濯タイムが、かわいい柄で楽しみに変わりますよ。
(私の洗濯方法についてはこちらの日記をご覧ください)

☆なお、今は販売を終了している柄もありますのでご了承くださいね。私の秘蔵品です。
これは最初に買ったものの一部です↓



ボーダー柄は肌面です(オプションで無地のパイル地のものもあります)。
ウイングの裏にも、選んだ柄に合ったものが使われていて、ここは自分では選べないので、届いたときに見るのが楽しみなところです。

防水ポーチは3種類(リニューアルされるかもしれませんが)。
防水ポーチもいろいろ持ってますが、ほんの一部をご紹介。



中はこうなってます↓



たためるタイプ↓



ポンポンテープや中の布もとてもかわいいのです。

そして、グラニーバッグタイプ↓



ちょっとしたお出かけにも。
どれもかわいすぎて、汚したくないがために使えないほど気に入っています。
とにかくcandy部屋が必要なくらい、たくさんある中で、一番気に入っているものを選ぶのは難しい、というより全部気に入っているのですが、特に大切に思っているものを紹介(紹介紹介と言っていますが、自慢です!)しますね。

まず布ナプキンは↓



店長さんに完全お任せで作っていただいた2枚です。
以前問い合わせをした布をあしらってあり、自分でも忘れていたのに、問い合わせのことを覚えていてくださったんだ…と胸が熱くなりました。
レースやリボンもとてもかわいいですよね。
先ほどからかわいいかわいいと連発していて語彙が貧困なのではないかと思われるかもしれませんが、本当にそうとしか言いようがないのですよ、ええ。

このリボンをヒントに、娘の服にはリボンをつけることにしました。
こんなものがあるんだ~と初めて見たときに思いました。

そして、試作品として作られたポーチ↓



中はこうなってます↓



もうかわいくてかわいくてしかたありません!!
ブログで、このポーチを、いくら以上だったか買い物をした場合にプレゼントされると聞き、イベント開始時刻を待って手に入れた大切な品です。

私もいつかこんなものがサクッと作れるようになりたい、店長さんのようになりたい!!という祈りにも似た気持ちで無謀ともいえる挑戦を日々続けています。
ここ2ヶ月ほどお休みをされていたのですが、このほどリニューアルオープンされたので、またまたお買い物してしまったのですよ…なんたる魔力…いや魅力…。



↑今日届きました。うきうきしながらそっと開封。
ラッピングもいつもかわいいんですよ。
いい香りもして…。
初めて布ナプキンを購入したときは、うれしくて枕元に置いて寝ました(笑)。

右の4枚入っている方は完成品の布ナプキンで、自分で選んだ好きな柄のものです(私はイチゴ柄が好きです)。
そして左側は今回初めて購入した、ライナーが2枚作れる手作りキットです。
ミシンを買ったので(手縫いでももちろんOKですが、私の場合、手縫いはもっとガタガタになるので)やっと買うことができました。
今回2セット購入しました。
プリント生地はお任せなので、どんな柄が届くのか、楽しみにしていました。

開けてみると…



私の大好きなイチゴ柄に、赤い色に、ドットに、チェックに、ボーダーに、 感激です!!
店長さんは、これまでにお客が購入したもので好みを推測されているに違いありません!

それにしてもすごいです。
どうしていつもいつもこんなにぴったりかわいいものが来るのでしょう。
「刺しゅう糸を使って仕上げるとかわいくておススメ」とのことですが、どうしよう。
仕上げだけ思い切って手縫いにしようかな…。
せっかくのかわいい生地、失敗したくないので、じっくりと作りたいと思います。
できあがったら披露しますね!!



スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
今週は暑くなりそう。暑さに極端に弱い私の苦手な季節がすぐそこまで来ています。

今日は作ったばかりのティッシュケースにつけたタグのことを書きたいと思います。

まずはこちら。


パターン:RickRack ティッシュケース
布:RickRack ヨーロッパリネン-和- もなか
スタンプ:きれいなはんこ・印鑑のからふる屋 はんこどり 小枝の鳥さんスタンプ


小鳥の丸みを帯びたおなかやつぶらな瞳がとてもかわいいスタンプです。
そしてこちら。


パターン:RickRack ティッシュケース
布:RickRack 麻デニム チェック大 ベージュ
スタンプ:東京アンティーク ホームメイド ティータイム


東京アンティークらしい繊細なデザインがとても素敵です。
優雅なティーカップ柄にうっとり。

インクはこちら↓


バーサクラフトのエスプレッソを使いました。
スタンプして乾いてからアイロンをかけると定着します。
タグテープではなく、布に直接スタンプしたのは初めてでしたが、かわいいワンポイントで、とても満足しています。

RickRackのティッシュケースは本当にオススメです。
ただ、図形のセンス、立体的なセンスのない私としては、欲を言えば、型紙のどの部分がどこに来るのか、仕上がり図と比較してある図があると、全体を縫い合わせる前に、ミシンでタグをつけたりレースをつけたりできるのでいいなあと思います。
自分で番号をふって、やってみないといけませんね。


Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんばんは、megosuriです。

昨日できあがったデイジーのスモック、少し派手かなあと思ったのですが、娘に着せてみると、結構かわいかったです( ←親バカ)。



娘はめずらしく「ありがとう」と言ってくれましたが、一度着たら「暑い」と言って
すぐに脱いでしまいました。
うーん、あまりお気に召さなかったかな?

さて今日はa+のシュシュ。
作り方と、シュシュが3つ作れるよう、布、ゴム、飾りのリボンが3つずつ入っているキットです。



中表にして縫いながら、生地を引き出すのですが、そのポイントが優れものなんです。
こんなふうにできあがりました。
返し口の縫い目がガタガタなのがお目汚しですが…。


a+
miniシュシュキット
パープル生地3P(生地、タグりぼん、ゴム、作り方付き)

これは髪を結ぶのが大好きな娘に。

それから作ったのは下の娘用のスタイです。
これもa+のキット。
中表にして返し口をあけてぐるっと縫い、表に返し、面テープをつけます。
丸みを帯びたラインやキットの生地がとてもかわいいです。
実物は写真よりもっともっとかわいいですよ。


a+
ワッフル×ガーゼスタイキット
ピンク×水色水玉(生地、型紙、作り方)

スタイは他にも2種類作り方や型紙を買ってあるので、作り比べてみる予定です。
似たものを違うお店の型紙や作り方で作ると、自分に合った(できる)作り方がわかるし、勉強になりますよね。
経済的ではないかもしれませんが、おもしろいです。

最後にRickRackのティッシュケースを作りました。
折り紙のように、型紙と一緒に布をパタンパタンと折っていって、4ヶ所直線を縫うだけでできあがり。楽しくて3つも作ってしまいました。

また、縫い目がティッシュの入れ口以外は見えない作りなので、縫い目も隠れますし、簡単にできるのに、ティッシュを入れる裏側はポケットになっていてとても便利です。

フタの部分にどんなワンポイントをつけるかを考えるのも楽しいです。
私は、無地のリネンには小鳥のスタンプを、チェックのティッシュケースには、ティーカップのスタンプを押してみました。



イチゴ柄の布は、近所の手芸店で購入したもので、パッチワークのような柄がとてもかわいいです。
無地の布と、チェックの布は、どちらもRickRackのものです。

ソーイングを始めると、できあがったものを自分だけでは使いきれないため、やたらと人にプレゼント、というより押しつけることになりますよね。
でもそんなとき、ティッシュケースだと、比較的喜ばれそうな気がします。



Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ