ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2013年05月

こんにちは。

昨日作ったリボンのヘアゴム、娘は「こっちのお姉さんの(大人っぽい、の意)方にするー」と言って、リバティの方をして出かけていきました。

その間に、やはりゴムの結び目と仕上がりが気になっていた赤のドット柄の方をやり直すことにしました。
ベルトでリボンをキュッと固定しようとするのがいけないんだよな、と思い、その前のタックを寄せる段階の仮止め的なところでしっかりと固定しました。
ここのところです↓



そうして、ベルトはリボンとゴムをまとめるだけ、という感じで
合わせたら、まあまあきれいにできました。



裏はこんな感じです↓



ゴムは、輪っかになっているものを使いました。
これは無印良品の茶色のヘアゴムです。
こちらも、帰宅した娘が自分で髪を結ぶのに使っていたので、まあ気に入ってくれたようです。

でも、今更ながら、リバティは素敵ですね。
実をいうと、これまでリバティにはそれほど興味がなかったのですが、今回使ってみて、仕立てる前の段階でももちろん美しいのですが、仕立てた後に感じられる独特の上品な雰囲気に非常に驚きました。

わかりにくいですが…↓



あ、ちょっと糸が出ていますね…




今日はこちらのキット↓



水色地に赤いいちごがとても印象的ですね。
これでタオルを作りました。


a+ 『パッチワーク5重ガーゼタオル 水玉いちご 作成キット 作り方付き』

かわいい!
自分用ですが、娘に取られそう。
昨日作ったガーゼハンカチは洗濯して取り込んだところを見つかり、既に取られてしまいました。
いいんですが、キリがないです。

そしてまたまたいちごいっぱいの生地で作ります。



印をつけて裁断します。
何かで読んだのですが、裁断するときは、こんなふうに右側に型紙がくるような状態でやるのがいいそうですね。
裁ちばさみのかみあわせに関係があるとか…。
私はこれまで、なんとなくこの逆にしていました。



ワッフルといちごの布を中表に縫い合わせ、a+さん指定の“工夫”を施して表に返します。
返し口を手縫いでまつり、面テープをつけて完成。


a+ 『ワッフル×ガーゼ スタイKIT いちごホワイト』



a+ 『ワッフル×ガーゼ スタイKIT いちごピンク』


面テープというのは、ハンドメイドを始めてみると、縫いつけるだけでいい本当に便利なものですね。
でも実は私は面テープはあまり好きではありませんでした。
というより、むしろ憎んでいたくらいです。

というのは、上の娘が生まれたときに着ていた授乳用のパジャマについていた面テープが、腱鞘炎のため腕という腕に貼っていた湿布にベタベタ貼りつくという不快な思いをし続けたからです。
産後の恨みは一生ものと言いますが、全くその通りです。

話がそれました。

スタイには2枚それぞれに、東京アンティークのスタンプを押したタグを縫い付けてみました。



作り方ではスタイを表に返してからぐるっとステッチをするのですが、ふんわりしたのが好きな場合はしなくてもいいとのことでしたので、今回はしませんでした。

このキットには、裾のラインが丸みを帯びたものと尖ったもの(三角形っぽい形です)の2種類の型紙が入っていて、前に一度丸みを帯びた方で作って、そのラインに惚れ込んでいたので、今回も丸みを帯びた方にしました。

スタイは急カーブを縫わなければなりませんが、ハギレでできるし、つけたところもかわいいので(親バカですね)、また作りたいと思います。
使わないタオルなんかを裏地にしてもいいですね。



Clip to Evernote

こんばんは、megosuriです。

雨の季節がやってきました。
紫陽花が色づいていますね。







紫陽花といえば、いつも庄野潤三の本で読んだ、墨田の花火の話を思い出します。
住田さんというお宅に墨田の花火を届けた話。

紫陽花の他には、ドクダミの花も咲いていました↓



ドクダミは、お茶にして飲むと体にいいですよね。
私の実家では、そこら中に生えてくるドクダミを束ねてつるし、乾かしてお茶にしていました。
それを飲むだけでなく、顔を洗ったり、お風呂上がりにタオルを浸してしぼり、体を拭いたりするのに使っていました。
昔から暑がりで汗っかきの私のあせも対策でもあったのです。
そんなことを思い出しました。



さて今日もa+のキット。
ダブルガーゼで作るハンカチです。
ガーゼ生地が10枚と、リボンが5枚セットになっていて、ハンカチが5枚作れます。
柄はおまかせにしました。
そしてこんなふうに組み合わせることに↓



中表でリボンも一緒に縫い、表に返してステッチ。
簡単なのですが、きれいに仕上げるのは私にはなかなか難しいです。
できました↓


a+ 『Wガーゼハンカチ 作成キット 柄おまかせ 5枚set 女の子柄』

おまかせの柄でしたが、好きなイチゴ柄やドット柄もあってよかったです。
リボンもかわいいですね。
パンダの柄もかわいいです。
少しずつ、いろいろな生地がセットになっていて、裁断も不要なので、手軽に作れるのがこちらのキットの素敵なところです。

次に作ったのは、リボンのヘアゴムです。
2つ作れるよう、2枚布が入っているキットです。
布は1枚はリバティ、1枚はピンクかレッド系のものが入ります。
私のところにやってきたのは、シャープな花柄のリバティと、赤のドット柄の布でした。
どちらも好きな柄です。

型紙は大小のサイズがあり、小サイズの方を作ることに。
本来は1柄1つなのですが、2つに髪を結ぶことも多いので、2つ作ることにしました。

まずは接着芯を貼ります。
接着芯を貼るときには“当て布”をしています。



中表にして縫い、表に返します↓



リボン状にします。
そして、ベルトを作り、リボンとゴムを巻き、手縫いでとめるのですが、これが難しかったです。
キュッととまりません。
それに、キットのヘアゴムでは足りず(2つずつ作ったため)、手持ちのヘアゴムを使いましたので、その結び目が気になります。



裏から見たところ↓


a+ 『リボンモチーフ ヘアゴム作成キット リバティ
ピンク&レッド系』


最後の組み立てが難しかったですが、ハギレで作れるので、また作りたいです。




Clip to Evernote

こんばんは、megosuriです。
今日もお越しいただき、ありがとうございます。

散歩の折、いろいろなバラを見かけました。
色褪せた赤が美しいバラ↓



フリルがかわいくてきれいなバラ↓



クールなピンクのバラ↓



そして、金糸梅(キンシバイ)も咲いていました↓



ラベンダーもいい香りでしたよ。





まず、candy手作りライナーの仕上げ。
アニマル柄の2枚は、赤の刺繍糸でステッチをしましたが、ドットのライナーはベージュの糸で、イチゴ柄のライナーは水色の糸でステッチをしてみました。

ボタンの付け位置を決めるのが意外と難しいですね。
とはいえ、私は適当にやってしまいましたが、きちんとやれば、形も整うのでしょうね。
洗濯して使ってみるのが楽しみです。



そうそう、ドット柄は、私が以前オーダーして持っていたナイトサイズのものと同じものでした。



とても好きな柄だったので、ライナーに入っているのを見たときはうれしかったです。

そして次は、娘に作ったのとお揃いの、アンの木パターンのペチパンツ。
私にはペチパンツはかわいすぎるよなあと思って躊躇していましたが、なにしろ裾の始末がいらないのと、チュニックやワンピースの下に履く分にはまあいいだろうと思い、作ることに。

型紙は、大人用はMとLのセットになっていて、以前娘のものを作ったときに、切って貼り合わせもしてありました。
したがって、今日は布に印をつけて裁断するところから。
両脚分と、ベルト布の計3枚なのですが、30分ほどかかりました。
当然ながら、大人用は大きいですね。

中表で股上を縫い合わせ、股下も縫い合わせます。
もうパンツらしい形↓



私は、作り方手順をベルト布を後にしています。
これはパンツのウエストにベルト布をピッタリ合わせるため。
うまくいきました↓



ゴム通し口の位置に気をつけながら、また、折り山は下(パンツ側)にして、ぐるっと縫い合わせます。
あっという間にできあがりました↓


パターン:アンの木パターン イージーパンツ
布:近くの手芸店の白いコットン100%のスカラップのもの


あとはゴムを入れるだけ。
アンの木パターンのサイトでは、ペチパンツなら1時間半でできると言われていますが、この私でも、ここまで1時間10分でできました!

ところで、作っている間中、気になっていることがありました。
それはサイズのことです。
もちろんLサイズにしましたが、入るだろうか、ということ。
試着してみると入りました。
でもゴムを入れる必要などないのではないかというサイズ感が、悲しいです。

ただ、今日はスムーズに作業ができたのがよかったです。



Clip to Evernote

こんばんは、megosuriです。

5月はバラの季節ですね。
こんなバラを見かけました。



ピンクの濃淡がとても美しいです。

今日は布ナプキンのcandyさんのライナーの手作りキット。
4枚のうち2枚の縫い合わせがまだでしたので、ゆっくりめにミシンで縫い合わせると、先日よりはうまくできたように思います。



どうしてもネルがはみ出してきてしまうので、それはプリント生地に合わせてカットしてみました↓



私の腕はともかく、やっぱりかわいいですね♪

次はまわりをブランケットステッチです。
このやり方は、candyさんのショップのライナーのページに写真が掲載されていますので、それを見ながらやってみました。
始め方はわかったのですが、繰り返し方がわからず、これ、違ってますね↓



上の山のところに線ができるはずです。
2回ほどやり直し、できました。



ところで、私は刺繍が好きで、いろいろやってみたいのですが、どうも刺繍糸の扱いが苦手です。
なぜか束になっていて、それを分割して使うことになっていて、分割するときにもつれたりします↓



今回は1本どりだったので大丈夫でしたが、刺繍糸も、普通の糸のように、1本で巻くことはできないのでしょうかね?疑問です。

ぐるっとできました。
そしてスナップボタンをつけます。
ボタン付け糸でいいのでしょうか。つけてみました。



ボタンをとめるとこんな感じ↓





曲がってますが…。
そうそう、先日少し落ち込んだのは、candyさんで購入する布ナプキンのような仕上がりにならなかったからだと思い至りました。
でも、そんなの無理ですよね。
今の腕なりにがんばって、楽しく作ればいいんだよな、と思っています。

縫うのに夢中で今頃気がつきましたが、スナップボタンもこんなにかわいくして入れてあったんですね!!



今日は1枚しか仕上げられませんでしたが、とても楽しかったです。

ブランケットステッチ、おもしろいですね。
そういえば昔子供の頃、母に教わりながら、木枠をはめてクロスステッチをしたことを思い出しました。
裏はまっすぐなのに、表は×になっているのが不思議でおもしろくて…。
刺繍もやってみたくなりました。
candyさんがくれた、次の楽しみです。





こんばんは、megosuriです。

アンの木パターンの「ラミネート生地で作るポケットショルダー」を作ります。

まず、ミシンの押さえをテフロン押さえに取り替えます。
そしてポケットショルダーを作る前に、おまけでついているパターンのティッシュケースを作ってラミネート生地を縫う練習をすることにしました。

まず端を縫います。
ラミネートはほつれてこないので、三つ折りしなくていいんですね。



クリップでとめて縫い始めます。
若干重みのような抵抗を感じますが、特に問題なく、普通に縫えました。
テフロン押さえ、すごいです。
できました↓



ではポケットショルダー。
Sサイズを作ることにしました。

まずDカン用ループを作ります。
細くて小さいので、返し縫いのときなど、やりにくいかなあと思ったのですが、ラミネートはハリがあるので、ふつうの布よりはるかに縫いやすかったです。



本体にDカンを取り付けます。
厚みがあるので心配しましたが、まあ大丈夫でした。



あとは、本体底を縫ったり、隠しマチを作ったり(簡単なんですね)し、脇を縫い合わせ、見返しを付けます。
布がイカリ柄で上下があるため、取り付ける向きに一瞬悩みましたが、本体と同じ向きにつけて大丈夫でした。
縫い付けは、ミシンのテーブルを外すとやりやすかったです。

アンの木パターンのテキストは、ちょっとしたコツやポイントが親切で的確でいいですね。
それに、型紙はもちろん縫い代込みなんですが、仕上がり線も書いてあるので、それも写しておくと、私のように適当なところを縫う人間にはとてもやりやすいです。

ということで、1時間程度でできました。


パターン:アンの木パターン ラミネート生地で作るポケットショルダー S
布:イカリ&RickRackリネン ラミネート 白
ショルダー持ち手:手作り工房 MY mama (楽天市場) ショルダー持ち手 バニラ


見返しは、違う布を使ってもかわいいらしいですが、今回は同じ布で。
次は違う布で組み合わせを楽しむのもいいかな。



あとはスナップボタンをつけたら完成なのですが、それはまた今度つけたいと思います。

今日は初めてのラミネートでしたが、聞いていた以上に扱いやすく、またアンの木さんの作り方もわかりやすかったので、開発話でも、確かいろんな人に作ってあげたということでしたが、この私ですら、量産したい!と思えるほど楽しかったです。




Clip to Evernote

↑このページのトップヘ