こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


作りかけのバッグが完成しました♪ 

 





















パターン:Rick Rack・キューブバッグ・大


1枚のパターンを表、裏とも4つつなげて作る、おもしろいバッグ。
直線状に縫うやり方で、とても作りやすくて、また、同じパターンを使って、立体ができていくのが楽しめるパターンでした^^

これはちょっと横から見たところ↓
 





















このバッグの特徴は、なんといっても、この底面です↓






















とてもきれいですよね。
和の雰囲気も感じられます。
ドットがコーヒー豆のよう。

この底面をみると、とても難しそうなバッグなのに、とっても簡単♪
11号帆布を使ったので、裁断がきれいにできたからかもしれないですね。
縫うときにも、布がぐにゃぐにゃしないのでよかったです。
針は14号を使いました。
ポケット口は厚みがあるので、ゆっくりと。

開閉は、マグネットボタンです。
手元にひとつだけ残っていたのがとても小さなマグネットボタンだったのですが、これでも大丈夫でした。

内側は4面すべてにポケットがついています。
これはメイン(と思っている)ポケット。
エッフェル塔の大きな縦長タグに、トリコロールのリボンをはさみました。 





















側面のポケットのひとつには、コットンテープを渡して、ひも状のものが通せるようにしました。
脇のところでポケットをくるんでから、一緒に縫いつけています。 

 




















側面にひもを縫いこんでありますので、ひもを結んでから





















マグネットボタンを留めるとこの通りすっきり♪

















  

























先ほどとはまた違った雰囲気のバッグになります。

「キューブバッグ」という名のとおり、バッグをキューブ形に整えるとこんなふうになります↓






















「大」サイズはタテ、ヨコ、高さが28cmほどですので、iPad Air2を入れてもものすご〜く余裕があります(^_-)






















こんなふうにブランケットを入れて、インテリアボックスにしても↓





















持ち手の形も好きです^^






















ちょうどあった、エッフェル塔柄の革タグを、こっくりとしたブラウンの刺繍糸で縫いとめました。
こういうふうにタグをつけるのは初めてだと思いますが、なんだか思っていた以上にいい感じ♪ 





















レザークラフト用の丸針を使いました。
帆布なのでどうだろう、と思ったのですが、25番刺繍糸は2本どりですんなり針穴に通るし、縫うときにもスムーズでしたよ。
















大きくてうまく写真が撮れないのですが、内側がわかるような写真も載せてみますね。









































 























やっぱりこの底が一番のお気に入りポイント♪
旅行カバンのように大きなバッグになりました。

このパターンは、「大」の他に、「小」「中」「特大」があります。 
別のサイズや、違う布でも作ってみたくなるほど気に入りました^^