こんにちは、megosuriです。
お越しくださって、ありがとうございます。

今手芸店に行くと、“入園入学コーナー”のようなところがあって、かわいい生地がたくさん置いてありますね。

先日近くの手芸店へ立ち寄った際に、とてもかわいいキティちゃんの生地を見つけました。
下の娘・ベビ次郎はキティちゃんが大好きで、いつもぬいぐるみのキティちゃんをかわいがっており、また、外でキティちゃんの広告を発見すると、「キッティちゃん」と呼んで喜びますので、お弁当袋とコップ袋を作ろうと思い購入。

ミシンを始めたばかりの頃に作ったRickRackのレシピで作りました。




お弁当袋はマチがたっぷり。


以前作ったときは、このあきの部分のコの字縫いが難しかったのですが、少しはきれいに縫えるようになったかな。



この部分、布も重なっていますし、実は高度ですよね…。

コの字のところと、口を三つ折りにして縫うときは、巾着を表に返して、中をのぞくようにして縫うのがコツですね、きっと。

一枚仕立てで、コンピューターミシンがなく、布端にジグザグミシンができないので、ロックミシンにしましたが、ロックミシン、まだまだ勉強が必要です…。 


このお弁当袋のように、両側からひもを引くタイプの巾着が、初めて購入したミシンにプレゼントレシピとして入っていました。
「ひもを通す」とだけ書いてあって、2本のひもをいったいどう通すのだろう?と困ってしまったのですが、その後RickRackのレシピを購入して初めて通し方がわかった、という思い出のレシピです。

赤と水色と黄色の組み合わせがかわいいキティちゃん。
ミシンを始めた頃はなぜかオックス生地が好きではなかったのですが、オックス生地、アイロンも決まりやすいし、縫いやすいんですよね。
今ではなぜ入園入学コーナーにはオックス生地が多いのかよくわかります。 


テプラで名前入りのアイロンラベルを作って貼ったら完成です♪
ベビ次郎もベビ太も「かわいい〜」と言ってくれてよかったです。




スポンサーリンク