こんにちは、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。


こちらは1年ほど前に完成していた刺しゅう
 


大好きな雑誌、「ステッチイデー vol.20」に掲載されている、大好きなFilosofi・mareiさんの図案です。
本を見た瞬間、絶対にステッチしたい!と思ったものです^^ 




できあがったことにすっかり満足してそのままになっていました。
本ではピンクッションに仕立てられていて、私もそのつもりでいましたが、針を刺すのがつらい気がしたので、布箱にすることにしました。

使ったのは、以前布箱を作ったときにも使ったこちらのキット。












 
ちょうど大きさもぴったり。
カルトナージュは(も)超初心者なので、ベテランの方には薄目で見ていただきたいですが、やったことのない方にちょこっとご紹介を。

よろしければこちらの過去日記もご参照くださいね↓
カルトナージュの道具
カルトナージュの本
はじめてのカルトナージュ 通信講座・日本ヴォーグ社

キットの説明書では本体から始めていますが、刺しゅうを早く貼りたくて、ふた部分から作り始めることにしました。

1.ふたに必要な厚紙(キットにカット済みで入っています)を用意する(ふた上面1枚、側面2種が2枚ずつ)

2.水貼りテープで側面を外側から貼る
→水貼りテープというのは、切手のように、水をつけると接着力を発揮するテープ状の紙です。
こんなので箱が作れるの?と思いますが、驚きの接着力です^^

3.側面をすべて外側から貼る
4.次に高さ部分を外側から貼る


5.今度は内側を貼る
6.刺しゅう布を、ふたより1cm程度大きめにカットし、裏側にキルト芯を2枚のせる
7.ふたを包んで、カルトナージュグルーで貼る

  

と今日はここまで↓




まだ上を貼っただけです。
ぴったり真ん中に合わせるのが私には難しくて、少しずれてしまいました。
でも思っていたとおり、箱のふたにするとますますかわいいです^^

側面や内側、本体にはどんな布を合わせようかなあ♪














スポンサーリンク