こんばんは、megosuriです。
お読みいただき、ありがとうございます。

これからのシーズン、短めのパンツは重宝しますよね。
アンの木パターン」と「RickRack」の2つのパターンで作ってみました。
どちらも脇に縫い目がないので、柄合わせの必要がないデザインです。

それではまず、アンの木パターンの「イージーパンツ」から。

こちらには、近くの手芸店で購入した白いコットンのスカラップの布を使うことにしました。
裾がスカラップのペチパンツにちょっと憧れていたからです。
私はペチパンツという柄ではないため、もちろん娘用です。

パーツは両脚各1枚にベルト布というシンプルさ!
針と糸は薄地用にして、両脚を縫い合わせます。
アンの木さんは「3時間で服が作れる」と謳っているだけに、私でもここまで1時間かからず。
すぐにズボンらしくなりました。
ベルト布を輪にしたりゴム通し口を作ったり。

初めて服を作った割に、なかなかいいぞ…と思いながら、さて次は、ベルト布とズボンを縫い合わせます。
え、ベルト布が余るんだけど…しかもかなり…。



裁断のしかたが悪かったのでしょうか。
一度ズボン部分を娘に試着してもらったところ、サイズは十分にゆとりがあるので、ベルト布の方をほどいて、縫い代を多く取って、輪を作り直しました。
そして縫い合わせ、ゴムを通して完了。

本体と別にベルト布を作るので、とてもきれいなシルエットです。
前がわかりやすいように、手持ちのグリーンのボタンをつけました。



次はRickRackの「七分丈パンツ」。
RickRackは究極のシンプルパターンで、型紙は1枚だけ。
これを布に当てて両足分の2枚裁断するのですが、左右で反転させる必要がありますので、印つけの際は注意が必要ですね(私は失敗しました)。

気を取り直して縫い合わせていくと、簡単にズボンらしく…。

ウエストはどうするのか説明を見ると、ゴムを挟みながら縫う、とのこと。
これが難しい!
ミシンがどんどん縫っていってしまいます(自分でフットコントローラー踏んでるんですがね)。

しかも、ウエストは三つ折りではなく、二つ折りなので、リネンの布にしたこともあり、どんどん糸が出てきてしまいます。

そこで、勝手に三つ折りにし、ゴムも後から通すことにして完成。



前の印に、ピンクの小さなリボンをつけました。
布は、RickRackの「イカリ&RickRackリネン 赤」です。

そして2つのシルエットはこんな感じ↓



RickRackの方がタイトですね。
試着するとこんな感じに↓





ただ、誤算だったのは、娘はスカラップの方が気に入ると思っていたら、リネンの方がお気に召したということでした。

リボン効果もあるのかな?と思い、着てもらえないのも悲しいので、スカラップのグリーンのボタンは外し、麻色のレースをリボン状にして、縫い付けてみました。



そこでやっと「かわいい」と合格点が。
結局リボンかい…と思い、気の弱い母は、ストック用のリボンを買いに近くの手芸店へ走りました。

2種類作ってみて、ゴムは後で通す、ウエストや裾は三つ折り、ベルト布は別にあった方がきれい、全体のシルエットはタイト目がいい、ということで、2つのパターンをミックスして、3枚目を作ってみました。



買ってきたばかりのリボンもつけて、完成。
生地はRickRackの「リネンブーケ」の青です。
娘は喜んで着たまま寝ていました。