こんばんは、megosuriです。

今日はRickRackミニレシピの「がま口ポーチ」と「バネポーチ」。
どちらもタックが入ってころんとした形がかわいいポーチです。
生地はRickRackの「リネンブーケ」のブルーを使います。

どちらもタックを入れ、外袋と内袋を合わせて、返し口からくるっと返すと、縫い目も見えずきれいに仕上がるとのこと。
はじめは「2つも袋を作るのか…」と思いましたが、こうすることによってガタガタの縫い目が見えなくなりますので、私にはうってつけですね。
なんとなくそれらしくなったので、満足しつつ、まずがま口ポーチに口金をつけることに。

接着剤を口金の中につけて布を目打ちなどで押し込む、と。
接着剤をつけたところで、目を覚ましたこどもの声が聞こえて中断。

急ぎ戻り、布を口金に押し込んでいきますが、これがなかなかうまく入りません。
入れると、入れ終わったものが出てきたり、表から見ると裏地が出ていたり…。
どうにか入れ終わり、今度は紙紐を押し込むのですが、これがまた同じで入らない!
非常に厳しかったです…。





そしてバネポーチは、袋(本体)部分にバネを入れるところでもある口布を合わせます。
しかし、口布が余ってしまうではありませんか。
これはどうしたものかと思い悩んだ末、口布を無理やり縫い付けてタックのある状態にしてしまいました。
そしてバネを入れて完成。ですがやはり変↓



反対側から見たところ↓



内側↓



両方変です↓



バネポーチに至っては、上から見るとバネ部分がはっきりと斜めになっています↓



どちらもうまくいかずがっかり。
特にバネポーチはなんとかせねばと、思い切ってRickRackさんに問い合わせのメールを送ることにしました。

RickRackさんは、「sewing supporter RickRackは100%安心サポート付き!」と謳っている通り、本当に親切なお返事をくださいました。

タックを寄せるときに少しずつずれてきてしまった可能性があること、今回は口布を本体に合わせて切ればよいこと、そして落ち込んでいた私にとってうれしかったのが、慣れてくればサクサク作れるようになる、今回のことに懲りずに何度もやってみてくださいね、という一言でした。

もういやだ、と思っていたのが、失敗してもやり直せばいい、失敗から学べばいい、そうすれば次は少しうまくできるようになる、という当たり前のことに気がつかされました。

RickRackの担当者さん、本当にありがとうございました。
と言ってもここをご覧になっているわけではありませんが、救われた思いでした。

そしてやり直したバネポーチがこちら↓



反対側はこんな感じ↓



内側↓


そして上から見たところ↓



かなりマシになりました。
今後はもっと丁寧に進めていこうと思います。





スポンサーリンク