こんばんは、megosuriです。
お越しいただき、ありがとうございます。

裁断を済ませたスタイを仕上げました。
7枚ありますので、私としてはかなり大量という感じで、結構大変でした。

スタイって、簡単なようで奥が深いですよね。
カーブはきついし、肌触りのことも考えないといけないし、マジックテープは縫いにくいですしね。
でも、マジックテープではなく、ボタンにしたり、バイアステープにしたり、布を切り替えたり、レースなどをつけたりと、小さいながらもアレンジが楽しめるアイテムでもありますね。

まずガーゼとワッフルを中表に縫い合わせます。



同じ型紙で裁断したはずなのに、ガーゼとワッフルでずいぶん大きさが違いますね。
これはどうしたことでしょう(どうしたもこうしたも、原因は明らかです)。
それに縫い目があちこちふらふらで、今にも布がないところを縫ってしまいそうになりました(それって縫うって言うのかな?)。

この型紙は、出産祝いに友人からもらったスタイがとてもいい大きさ・形だったので、それを使って作ってみたものです。
大きいのと、美しいラインが印象的なのですが、そのラインを縫えるかという問題がありまして、かなり別物になっております。
布がかわいいのでごまかせているように思います。



布はすべて、a+ 『ワッフル×ガーゼ スタイKIT』のものを使っています。
以前a+の型紙で作ったスタイ(上)と比較すると、大きさがこんなに違います。



a+の型紙のスタイもとてもかわいいラインを描いていて、しかも縫いやすかったように思います。
やっぱりそこまで考えられているんでしょうね。

では今夜作ったスタイを1枚ずつ見ていきますね。

「かくれパンダ ピンク」↓



ハンカチやガーゼケットのパイピングにもあった柄で、すっかりお気に入りです。
パンダのやわらかな表情が、ガーゼのやわらかさとあいまって、とてもかわいいですね。

色違いの「かくれパンダ ミント」↓



ピンクとはまた印象が異なりますね。
セピア色な感じで、好きです。

「フラワーリング ピンク」↓



これも上品でかわいらしい柄ですね。

そして色違いの「フラワーリング ブルー」↓



水色がピンクのバラとよく合っていますね。

「ボーダーマリン」↓



さわやかなボーダー柄です。
イカリの模様が散らばっています。
レースを縫いつけて、少しロマンチックな味を足してみました。

「ラベンダー水玉」↓



実物は写真よりもう少し紫がかっています。
とても鮮やかではっとするような色のスタイです。
白いレースを足して、コントラストを楽しみました。

最後は「ピンク×水色水玉」↓



これを書いていて気づいたのですが、この色はもう持っているので、今回は持っていない「ピンク水玉」を注文したのですが、間違って届いたようです。
もう作ってしまったので、残念ですがしかたないですね。
淡い色合いのドット柄がとてもかわいいスタイです。

これだけあれば、いつでもハンドメイドのスタイがつけてあげられますね。
ふわふわしたガーゼのスタイは、かわいい赤ちゃん(←親バカ)にぴったりです。