おはようございます、megosuriです。

先日始めた保育園バッグづくりの続き。
本体と切り替え布の縫い合わせは済ませましたので、脇を縫うところからです。
表バッグの両脇を縫い終わってから、切り替えのところにレースをつけるつもりだったことを思い出し、リッパーでほどいてレースをつけました。
リバーシブルのバッグなので、それぞれの雰囲気に合うレースにしてみました。



次に脇を縫います。
裏バッグを縫うとき、表バッグと裏バッグの口の長さがぴったり合っていないといけないから、一度合わせてから縫おうか、とかすかに思いましたが、まあいいか、と思い、そのまま縫ってしまいました。

持ち手を作ります。
リバーシブルのバッグなので、持ち手はどちらの生地にしようかな、もしくは全く違う生地を使うか…と迷いましたが、1枚ずつそれぞれの柄の布で作ることにしました。
マチを作って、表バッグと裏バッグができました。

次は袋口を縫い合わせます。
ピンチでとめていくと…



うわ~、3cmもだぶついています。
作り直すか、どうするか、しばらく考え、脇のところで折って縫うことにしました。
まあタックだと思えばいいですよね(よくないです)。

口のところを縫い終わり、できたー、と思ったら…



持ち手が変についてしまいました。
袋口を縫うときに、持ち手は上にしておかないといけないようですね。
またか、と思いながら、一周リッパーのお世話になり、やり直して、できあがりました。



リバーシブルなので、ひっくり返して↓



型紙:自作
本体:タテ24×ヨコ50cm 2種×各2枚
切り替え:タテ28×ヨコ50cm 2種×各1枚
持ち手:タテ10×ヨコ50cm 2種×各1枚
できあがりサイズ:タテ28×ヨコ35×マチ14cm、持ち手46cm
作り方:「RickRack ソーイングアレンジBOOK」より『トートバッグ』参照
布:手芸店で購入のもの3種類(ピンク地にうさぎやスイーツ、カップなどの柄入り/ピンク×白のチェック/赤×白のチェック)
カップケーキ柄は、a+の『巾着2P&お弁当袋 簡単作成キット スイーツ』の布を使用
レース:RickRack ピコレース アーチ オフホワイト/手芸店で購入の花のレース


本の作り方にしたがって、表布(うさぎの柄の方)と持ち手に接着芯を貼りましたが、思ったよりしっかりしなかったです。
裏布にも貼った方がよかったのか…。

そして“タック”を入れた部分を横からみると↓



それほど目立たない…ですよね…。
全体としては、まあかわいいのではないでしょうか。
朝になり、バッグを見た娘、喜んでくれました。
どちらの柄が気に入るかなあと思って見ていたら、カップケーキ柄の方を表にして持っていきました。

スポンサーリンク