こんばんは、いつもありがとうございます。

散歩の途中で、好きな感じの紫陽花を見かけました↓



色褪せたピンク色がなんともきれいです。
そして、こんな毛糸玉のような花も↓



「葱坊主みたいな花」で検索してみたところ、『アリウム・ギガンチューム』という名前のようです。
おもしろい形ですよね。

そして、庭のいちごがいくつか色づいていました↓





いちごが大好きな娘に収穫してもらいました。



そして昨日作ったいちごのスタイ↓



端ギリギリを縫っていなかったので、タグが折れてきていて、反省。
今後は気をつけないと…。



さて今日はパターンレーベルの「まいにち着る女の子服」から、『サーキュラースカート』です。





紫色のリネンにリバティのベルトとポケットがかわいいスカートです。
手持ちの青いリネンに、紫がかった花柄の布を合わせようかなと思っていました。
ところが、苦心して型紙を写し取って確認したところ、青いリネンは大きさが足りません。

ちょうど娘がそわそわと横にいたので、リネンそのまんまの色のリネンでいいか聞いてみるとOKが出たので、それで作ることにしました。
暑くなってきたので、むしろ軽快で涼しげでいいかもしれませんね。

このスカートは、右側にだけポケットがつくデザインです。
ポケットは初めて。
縫い代に、伸び止めテープを貼るように指示があります。
伸び止めテープは買ってあったので、貼ってみます。



そしてポケット布を縫い付けます。
そのまま裾まで縫うのですが、裾が大幅にずれていますね。
こんなものなのかな?とりあえずそのまま進みます。



そして、あれこれやって(ポケットって大変なんですね!)ポケットができました。
花柄の布が見えすぎている気もしますが、まあいいですよね…。



そして、前スカート、後ろスカートを2枚ずつつなげていきます。
このとき、直線縫いをし、ジグザグ縫いをするのですが、何度も縫い方を切り替えるのを忘れて、やり直しました。

そして裾の始末をします。
バイアス方向に布を使っているため、アイロン定規が使えず、目分量、というより、折り曲げられるところで三つ折りし、アイロンをかけます。
でもなんだか波打つんですよね…。



そうそう、裾が1箇所ずれていましたが、隣の裾に合わせてカットしてしまいました。
縫うときももちろん波打って、縫いにくいのですが、とにかくスカート側にはシワが出ないよう慎重に縫っていきます。



できました。



次はベルト布です。

ゴム通し穴は開けて、輪にし、スカートに縫い付けていきます。
そして、いわゆるバイアステープのように、端をくるんで折り曲げ、失敗しないよう、表側を見ながらステッチ。



こんなふうになりました↓



最後に、ベルト部分に、2本ゴムを通し、間をぐるっと縫うことになっているのですが、こんな狭いところに2本ゴムを通した上に間を縫う自信はないなと思い、1本だけにすることにしました。
1本でもかわいいですよね?



パターン:「パターンレーベルのこども服 まいにち着る女の子服」より
『サーキュラースカート』
布:RickRack ヨーロッパリネン和 -もなか-
RickRack フォレスト -オックス- リラ


1日でスカートができるなんて…ちょっとうれしいです。
このフォレストの布は、少し大人っぽすぎるかな、と思っていましたが、娘も気に入っていましたし、こうして見ても、かわいいですね。
実際に合わせてみてから、ゴムをカットし、縫い合わせたいと思います。


スポンサーリンク